0120-735-538
03-5491-5588

電話受付: 休止中(メールのみ)

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目の下のたるみ・クマ

クマ治療で失敗する人としない人の紙一重の差とは?

目の下のクマ治療で失敗しないためのポイントをお知りになりたいですか?

ここでは、「どのようにクマ治療を進めれば失敗しないか」についてまとめました。

と言うのも、当院には目の下のクマの他院修正治療を求めて来られる方が多くいらっしゃいます。

修正治療は費用や時間がかかるだけでなく、初回治療に比べると癒着などの影響により良い結果を出しづらいことがあることも事実です。

まずは、以下のページで、目の下のたるみ・クマ治療の全体的な考え方についてご確認下さい。


そして、最も重要なことは、あなたの目の下の状態を把握されることです。

色による目の下のクマの種類の見分け方については次をご覧下さい。

 

ヒアルロン酸注入によるクマ治療で失敗しないためのポイント

ヒアルロン酸による目の下のクマ治療は、比較的気軽に受けられるプチ整形治療ですが、思わぬ落とし穴があります。

危険性・リスクとして、以下があります。

  • 入れすぎてふくらみすぎ・不自然な仕上がりになる⇒施術後の腫れも考慮する。もしどうしても溶かす必要がある場合はあまり長く放置しすぎない方がよい(半年以上続く腫れは、複数回の治療(最低3回以上)の溶解注射が必要になることが多いため)
  • 凹凸・ボコボコになる⇒目の下のくぼみが頬まで広がっているような場合は、ヒアルロン酸でボリュームを作ってクマを隠すのには多少無理があったりする。
  • 目の下のヒアルロン酸注入後、青白く見える⇒浅い層に多く入れないようにする。
  • ヒアルロン酸注入直後に失明が起こる可能性⇒予防法として、ゆっくり注入する、25G以上のカニューラを使用する、注入量を最小限にするなどにより失明のリスクを最小限にすることが重要
  • 頬外側の腫れが起こる可能性⇒アレルギー体質や酒さの既往がある方、小さい時から頬の外側にふくらみがある方は、目の下のヒアルロン酸注入は避けたほうがよい

詳細は以下をご覧下さい。

 

目の下のくぼみへの脂肪注入の重大な3つの落とし穴とは?

目の下のくぼみに対する脂肪注入には、以下のリスクがあります。

  • しこり(硬くなる)
  • でこぼこしている・くぼみが部分的に見られる症状(定着不足)
  • 下を見た時に目の下がえぐれる症状

詳細は以下をご覧下さい。

 

目の下の脱脂で失敗しないためのポイント

目の下の脱脂に関して、以下、ポイントを列挙いたします。

目の下の脱脂を成功させるには?

  • 経結膜脱脂法が向いている黒クマ・赤クマかを診断する(ここを誤るときれいにならない)
    ⇒赤クマがある場合は、経結膜脱脂手術をしっかりと行う
    黒クマに茶クマが紛れていないかをチェック⇒茶クマが残ると仕上がりがいまいちになる
  • ふくらみを過不足なく取る(ただし、弾力が低下している方は、ただ取ればいいというわけではない)
    ⇒弾力低下がある場合は、控えめに脱脂+頬のグロースファクターも考慮
  • ふくらみだけではなく、目の下のくぼみも適切に治療する(特に涙袋直下は甘くなりやすい)
    ⇒脂肪注入では、涙袋直下が甘くなりやすく、また笑った時にシワ・凹凸が出るリスクあり
  • 皮膚の状態・骨格の状態からリスクを予測し、安全な方法を選択する
    ⇒頬のくぼみがあるか・頬骨の突出があるか・眼球の奥まり等を見極めた治療
  • 無料カウンセリング等を利用してじっくりと検討する(修正治療は困難)
    ⇒早急に治療を決断しない

詳細は以下をご覧下さい。

 

目の下の脱脂後に後悔するパターンとは?

脱脂後に後悔するパターンとして以下があります。

  • 目の下の脱脂の後に後悔するパターンとして、①脂肪の取り残し、②くぼんだ、③凹凸ができた方で、他院修正治療のために当院に来られた方がいた。
  • その他、当院・他院を問わず、目の下の脱脂後に、①青クマ・茶クマが残った、②シワ・小ジワ・たるみが残った方で修正を要することで、後悔する可能性がある。
  • 当院での目の下の脱脂後、後悔するパターンとして、①グロースファクターの効果が出るまでに時間がかかった(結果が出るまで半年かかる)、②内出血・腫れが思ったより長引いた方がいた。
  • その他、当院での目の下の脱脂で後悔する稀なパターンとして、①片側のみの治療を希望され、後から修正を要した方、②最初、適応外の治療を希望され、結局、後から脱脂を受けられた方がいた。

詳細は以下をご覧下さい。

 

目の下のクマ治療のクリニック選びで失敗しないためのポイント

クマ治療に限らず、美容整形のいわゆる名医の条件として、「成功率が高いこと」があげられますが、治療するのが人間である以上は絶対ということはないので、①経験値と②対応できるパターンの広さ、③客観的に見ても良い結果を出せる再現性が高いことを重視してクリニックを探されることが重要だと考えます。

そのためのステップは以下の通りです。

HPの症例写真を比較検討・・・目の下のクマ・たるみ治療を含めた美容医療は、「論より証拠」といったところが大きいです。
症例写真を数多く見比べて、好みの仕上がりの美容整形クリニックを見つけるところから始めてみて下さい。

直接またはメールで質問・・・「私におすすめの治療法は?」「なぜその治療がお勧めなのか?」「この治療法で私と同じような方の症例写真を見せてもらませんか?」

詳細は以下をご覧下さい。

 

目の下のたるみやクマを取る方法を探すためのヒント

ポイントは以下の通りです。

  • 目の下のクマ・たるみを取る方法の決め方としては、黒・赤・青・茶クマのそれぞれの有無を見極め、それらに応じた治療法を考える。
  • 黒クマは、目の下のふくらみの程度や皮膚の弾力、頬の高さなどに適した治療法がある。
  • 目の下のクマ・たるみは、成功するノウハウを最大限に活用し、同時に失敗しないためのポイントを押さえることが重要。

詳細は以下をご覧下さい。

 

アラフォー・40代の方へ

アラフォー・40代の方で目の下にたるみ・クマがある典型例の方の場合、最もスムーズかつきれいに仕上がる治療法は以下の通りです。

  • 目の下のふくらみ・たるみがドーム状に膨らんでいる⇒脱脂+グロースファクター
  • 目の下のふくらみ・たるみがスロープ状になだらか⇒脱脂+グロースファクターまたは目の下・頬のグロースファクター
  • 赤クマが強め⇒脱脂+グロースファクター
  • 茶クマが目立つ⇒メラフェード

詳細は以下をご覧下さい。

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

 

関連記事

目の下のたるみ・クマ治療の実例と結果を出すための3ステップ

目の下のクマ治療にかかる料金を最小限にする簡単な3つの方法

【クマ治療専門】二子玉川美容外科クリニックの特徴・他との違い

 

 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「このクリニックに興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

色々ご不安な方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々による直筆の資料(症例写真付き)をご覧になりませんか?

主な内容:
・痛み・内出血・腫れ
・お休みを取った期間
・結果の満足度 など


ぜひ以下をクリックしてご覧下さい!


資料を読む>>