0120-735-538
03-5491-5588

電話受付: 休止中(メールのみ)

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 顔のシワ・たるみ

ほうれい線は何歳からでき始めるか?【形成外科専門医が解説】

 執筆者: 加治佐 卓也
医学博士・形成外科専門医

ほうれい線が平均的に何歳からできるのか・気になり始めるのかが気になりますか?

当院のデータでは、ほうれい線が気になり出した時期の平均は39.7歳でした。(10代~60代の男女134名の統計)

また、平均5.1年悩んだ結果、平均45.6歳で当院のほうれい線治療を受けられています。(同543名の統計)

ここでは、以下について男女別に詳しく解説いたします。

  • ほうれい線がいつから気になり出されたか?
  • ほうれい線治療を受ける年齢は?
  • 治療を決断されるまでの期間はどれくらい?

ぜひ参考にしてみて下さい。

女性の方のほうれい線は、何歳から気になり始めることが多いのか?治療を受ける年齢の平均は?

当院でほうれい線治療(グロースファクター)を受けられた20代~80代の女性の方々の統計です。

簡単に言いますと、40歳でほうれい線を自覚され、5年くらい悩まれた後に45歳くらいで治療を受けられることが多いという結果が出ています。

ただし、上記はあくまでも平均値で個人差、ばらつきがあります。
そちらについては以下の円グラフで詳細な分布をご覧いただければ幸いです。

ほうれい線が何歳ごろから気になり出したか?

女性の方の平均は39.7歳でした。(124名の方々の平均)

コメント:

10代~20代でほうれい線が気になり出した方々は、軽度のほうれい線のことが多いです。

 

ほうれい線治療を受けられた年齢は?

平均45.5歳で治療を受けられています。(489名の方々の平均)

治療を決断されるまでの期間は?

平均5.1年間です。

男性の方のほうれい線は、何歳から気になり出し、いつ治療することが多いか?

ほうれい線治療(グロースファクター)を受けられた30代~50代の男性の方々の統計です。

簡単に言いますと、41歳でほうれい線を自覚され、4年くらい悩まれた後に46歳くらいで治療を受けられることが多いです。
女性とほぼ同じです。

ほうれい線が何歳ごろから気になり出したか?

男性の方の平均は41歳でした。(10名の方々の平均)

ほうれい線治療を受けられた年齢は?

平均46歳で治療を受けられています。(54名の方々の平均)

治療を決断されるまでの期間は?

平均4年間です。

まとめ

当院の統計の結果、ほうれい線が気になり出した時期は平均39.7歳でした。(10代~60代の男女134名の統計)
これは、ほうれい線の主な原因が皮膚のコラーゲンの減少であることと、コラーゲンの減少が30代後半から40代にかけて目立ってくることと一致しています。

また、平均5.1年悩んだ結果、平均45.6歳でほうれい線治療を受けられていますが、5年放置すると下記のようにほうれい線が目に見えて悪化することがあるので、治療を決断された可能性があります。

 

ほうれい線治療には様々な方法があります。(各種ほうれい線治療の比較>>
また、シワそのものだけではなく、ほうれい線が実際よりも深く見えてしまう要因(例えば、シミ・くすみなど)を一つ一つ以下のように除去していくと、意外とすんなりときれいになり、また1回の治療で長期にわたりいい状態を維持することも可能だったりします。

ほうれい線を最小限の手間と費用でリフトアップさせる5つの手順

 

さらに、グロースファクターによる治療であれば、早めの治療により、今後シワが悪化するのを予防することが期待できます。

 

 

あなたのほうれい線が1分で診断できます

質問に答えていくだけで詳しくチェックできます。


顔のシワたるみ自動診断

 

関連記事

ほうれい線の原因・種類・治療法・自宅ケアついて>>

ほうれい線の有効なケア・無効なケアについて>>

シワ・たるみの記事一覧>>

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「このクリニックに興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

色々ご不安な方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々による直筆の資料(症例写真付き)をご覧になりませんか?

主な内容:
・痛み・内出血・腫れ
・お休みを取った期間
・結果の満足度 など


ぜひ以下をクリックしてご覧下さい!


資料を読む>>