0120-735-538
03-5491-5588

電話受付: 休止中(メールのみ)

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 顔のシワ・たるみ

20代の方向け:ほうれい線を1回の治療で改善し長期維持する方法

 執筆者: 加治佐 卓也
医学博士・形成外科専門医

20代のあなたは、今ほうれい線でお悩みですか?

ほうれい線があると実年齢よりも老けて見られたり、疲れた印象に見えますよね。

自力で行うケアは効果に限界があるので、美容整形による治療を考えているのではないでしょうか?

しかし、治療法にはいろいろありすぎて、どのような方法がよいか迷いますよね?

ここでは、20代でほうれい線でお悩みの方が、1回の治療で長期にわたりいい状態を維持できる方法について解説いたします。
1度の治療で悩みからずっと解放されます。

ぜひ参考にしてみて下さい。

20代の方のほうれい線の特徴は

平均的なシワの深さ

シワの深さの程度としては、軽度から中等度の方が多いです。(ほうれい線の種類・進行度について>>

ほうれい線が20代で深い場合は、骨格が影響している

骨格的に鼻横の骨が低い場合にほうれい線が出やすくなります。

ほうれい線と骨格の関係について>>

頬の厚みにより実際よりシワが深く見えることもある

頬の脂肪の厚みによっては、軽度・中等度でも深く見えることがあります。
その理由は、頬の脂肪で影ができるためです。

ほうれい線と頬の脂肪の影の関係について>>

さらにシワが深く見える要因はこれ

頬の毛穴が広がっている場合やほうれい線内やその周囲にシミ・くすみがある場合は、ほうれい線がより深く見えることがあります。
特に電車の窓や洗面所の鏡を見た時には、シワが深く見える傾向があります。
これは、暗めの場所では、シミ・くすみ・毛穴の茶色い色が暗いところでは黒に見えるため、ほうれい線の影と重なることで見え方が変わるためです。

このような場合、シミ・くすみ・毛穴に対する美肌治療・肌質改善が有効なことが多いです。

 

20代の方にお勧めのほうれい線治療は?

ほうれい線の治療法には様々な方法があるので、迷いますよね。

簡単に分けると、一過性の治療と長持ちする治療があります。

前者の代表例には、ヒアルロン酸があります。
後者の例では、グロースファクターや脂肪注入があります。

長期的なコストで選んだ時のお勧めは?

当院のグロースファクターは、だいたい1回の治療で長期効果を得ることができます。

長い目で考えると、繰り返しが不要なグロースファクターがお勧めです。
10年間の費用の目安を比較すると、こんなにも違いが出ます。

ほうれい線はどのように改善するか?

グロースファクターは、元々皮膚にあるタンパク質の一種です。
注射により、皮膚のコラーゲンを増やすことで、肌のハリを出します。
それにより、頬の重みでつぶされたシワが改善します。

ちなみに、ヒアルロン酸は、肌質自体は改善しません。

グロースファクターによるほうれい線治療について>>

ヒアルロン酸によるほうれい線治療の最大のリスクとは?

ヒアルロン酸による治療は、繰り返しが必要なこと以外に重大なデメリット・リスクがあります。
最悪な場合、皮膚壊死や失明などのリスク・副作用もまれにあるので、注意が必要です。

グロースファクターとヒアルロン酸との違いについて>>

 

20代の方のほうれい線治療例

グロースファクターによるほうれい線治療を受けられた方です。


詳細な経過>>


 


詳細な経過>>

こちらの方は、頬の厚みの影があるので、多少シワが残ったように見えています。

グロースファクターの場合は笑った時のシワも改善される

グロースファクターは、肌質改善効果があります。
そのため、笑った時のシワも改善します。

肌質改善効果がないヒアルロン酸や脂肪注入では、笑った時にできるシワの改善効果が弱いです。

 

あなたのほうれい線が1分で診断できます

質問に答えていくだけで詳しくチェックできます。


顔のシワたるみ自動診断

 

関連記事

ほうれい線の原因・種類・治療法・自宅ケアついて>>

ほうれい線の有効なケア・無効なケアについて>>

ほうれい線治療の症例写真>>

シワ・たるみの記事一覧>>

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「このクリニックに興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

色々ご不安な方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々による直筆の資料(症例写真付き)をご覧になりませんか?

主な内容:
・痛み・内出血・腫れ
・お休みを取った期間
・結果の満足度 など


ぜひ以下をクリックしてご覧下さい!


資料を読む>>