0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目の下のたるみ・クマ

黒クマの治し方【手術・レーザー・ヒアルロン酸などの方法の解説】

黒クマ(影クマ)の治し方をお探しですか?

美容整形による黒クマの治し方には、手術・ヒアルロン酸・レーザーなどがありますが、目の下のふくらみやくぼみの程度に応じてデメリットの少ない治し方を選ぶとよいです。

また、手術による治療を避けたいという方は、美容皮膚科的な治し方もありますが、簡単だからと言って必ずしも安全とは限りません。
また、思わぬ危険性・リスクもあります。

ここでは、黒クマの各種治療法のメリット・デメリットやお勧めの治療法について解説いたします。

ぜひ参考にしてみて下さい。

「黒クマの治し方」には2つの過程がある

黒クマ治療により治った例 脱脂+グロースファクター''

黒クマ・影クマが「治る」とはどういうことでしょうか?

少なくとも目の下の黒い色・影がなくなる必要があります。
どちらかが残っても、黒クマの治し方としては不完全です。

上記の写真の方の治し方の手順は、以下の通りです。

黒クマが治る過程の説明。経結膜脱脂により目の下のふくらみを取り、くぼみを治療する
①でまずふくらみが治っています。(赤で囲った部分を取る)
②でくぼみを治しています。

上記のように、黒クマの治し方の過程には、ふくらみを取る+くぼみを治すことが必要であることが分かります。
ふくらみを控えめに取るだけ(脱脂のみ)では、上記の①と②の中間くらいの中途半端な仕上がりになり、黒クマが治った状態とは言い難い印象になってしまうことが多いです。

このように、目の下の黒クマの治し方には、以下の2つの要素が必要です。

目の下の黒クマの治し方① ふくらみを取る治療法

こちらは、根本的に黒クマの原因となっているふくらみを、手術により物理的になくす方法です。

経結膜脱脂法により、まぶたの裏側から脂肪を取ると、黒クマの原因の一つであるふくらみは治ります。
ただし、前述の通り、基本的には、ふくらみを「過不足なく」取ることが重要です。

経結膜脱脂法を成功させる5のポイント【失敗を避けるには?】

 

経結膜脱脂法以外の手術のよる黒クマの治し方

脱脂以外の手術による黒クマの治し方としては、ハムラ法や裏ハムラがあります。
こちらは、脂肪を包んでいる膜をはがし、脂肪を移動させて、骨の表面に糸で縫い付けて固定する黒クマの治し方です。
経結膜脱脂法などの比較的簡単な黒クマの治し方に比べて、やや大がかりであるため、腫れや内出血が出やすいというデメリットがあります。
また、万が一再手術となった時に、侵襲が大きい分、癒着が起こりやすいために、再度脱脂を行うのが困難になることがあります。


目の下の黒クマの治し方② 目の下のくぼみの治療法

前述の通り、目の下にくぼみがある場合は、目の下のくぼみ治療も同時に行わないと、脱脂後にくぼんだ印象になってしまうので注意が必要です。
通常、目の下にふくらみがある場合は、多かれ少なかれ、くぼみも一緒にあることがほとんどです。

目の下のくぼみの治し方の比較は、以下の通りです。

黒クマの治し方における目の下のくぼみ治療比較

 

目の下のくぼみ治療の詳細は、以下をご覧下さい。

目の下のくぼみ | 改善のために重要な3つのポイントとは?

 

 

手術以外の美容皮膚科的な黒クマの治し方

手術をしない黒クマの治し方はどのようなものでしょうか?

先ほどは、ふくらみを取ることが重要と言いましたが、実は目の下のふくらみがそれほど大きくなければ、手術なしでも黒クマを治せることが多いです。

グロースファクターのみによる黒クマの治し方

グロースファクターは、皮膚のコラーゲンを増やし、ハリを出す効果があります。
ふくらみを取らずに、隠しつつ、くぼみも目立たなくさせます。
それにより凹凸感がなくなるというというのが、グロースファクターによる黒クマの治し方です。

手術しない目の下のクマ治療(切らない目の下のたるみ取り)による黒クマの治し方 治療経過 断面図
詳細な経過>>

施術名:グロースファクター注入療法

 

手術しない目の下のクマ治療(本当に目の下の切らないたるみ取り)による黒クマの治し方の詳細は、以下をご覧下さい。

手術しない目の下のクマ治療【本当の目の下の切らないたるみ取り】

 

ヒアルロン酸による黒クマの治し方

ヒアルロン酸による黒クマの治し方としては、ジェル状の注入物を入れて、くぼみ全体の皮膚を持ち上げることで、凹凸を解消します。

ただし、こちらの治し方も、目の下のふくらみが多い場合は適応外になることがあります。

また、ヒアルロン酸によるの黒クマの治し方については、以下の注意が必要です。

  • 吸収されるため、繰り返しが必要
  • 笑った時に浮き上がって凹凸が目立つことがある
  • まれながら失明や皮膚壊死のリスクがある

目の下のヒアルロン酸注入の詳細>>

レーザーは、黒クマの治し方としては限界がある

サーマクールなどの高周波やレーザーは、皮膚のコラーゲンを熱刺激で増やす効果があります。
ただし、レーザーなどだけで黒クマをきれいに治すのは難しいことが多いです。

その理由としては、レーザーなどでは、グロースファクターほどコラーゲンを増やすことはできないためです。

また、サーマクールなどの強すぎる照射治療は、皮下脂肪を減らすことで、頬のくぼみが増すことがあり、黒クマに対してはマイナスとなる可能性があるので、注意が必要です。

そのため、黒クマの治し方としては、あまりお勧めいたしません。

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

 

関連記事

黒クマ | 特徴と原因、見分け方、ご自分でできる対策と治し方

黒クマ(影クマ)の特徴【写真で解説】

黒クマ(影クマ)・目の下のたるみの2つの原因

男性の黒クマ・影クマの特徴と治療 | 二子玉川美容外科クリニック

黒クマ(影クマ)がひどい方の3つの特徴と解決方法

黒クマの治し方【手術・レーザー・ヒアルロン酸などの方法の解説】

【黒クマ (影クマ)・目の下のたるみ対策】自力で行う方法

赤クマの原因・解消法・自力対策【目の下の専門クリニックが解説】

青クマについて【目の下のクマ専門クリニックが完全解説】

茶クマについて【画像・原因・自力でできる対策・治療法の解説】

 


 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

 

「二子玉川美容外科クリニックの治療に興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々がどのような経過だったか、症例写真と直筆の以下の内容をご覧になりませんか?


1.経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンをクリックして資料をご覧ください。


資料を読む>>