0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 顔のシワ・たるみ

ヒアルロン酸による失明と皮膚壊死の予防法と治療法

ここでは、ヒアルロン酸による失明と皮膚壊死の予防法と治療法について解説いたします。

ぜひ参考にしてみて下さい。

ヒアルロン酸による失明と皮膚壊死の予防法

次のような場合は注意が必要

以下は、皮膚壊死や失明のリスクが高くなるので、注意が必要です。

  • 深部への注入(鼻の基部、外側壁などは危険)
  • 人中への注入
  • 大量に注入(0.1ml以上)
  • 以前鼻の手術歴がある方
  • 圧力をかけての注入
  • 細く先のとがった針

注入時の注意点

血管の塞栓を防ぐための方法です。

  • ゆっくり注入する
  • 25G以上のカニューラを使用すること(ただし完全に防げるわけではなく、27Gdだと血管を刺すこともある)
  • 注入量を最小限にする
  • 注入時に針を移動させる
  • 注入の追加は0.1ml 以内にする小さいシリンジを使用する
  • エピネフリン入りのフィラーを使用する
  • 太い血管を圧迫してつぶしながら注入する


※逆流を確認することは確実ではないと言われています(フィラーの粘稠度により逆流確認が難しいことと血管が陰圧でつぶれるため)

参考文献>>

 

ヒアルロン酸注入によるリスクが高い場所

部位によって失明のリスクが高い場所があります。
ただし、前述のように、リスクが低い場所でも失明の可能性がゼロであるわけではありません。(参考文献>>

リスクが低い部位

アゴ、マリオネットライン、頬外側、頬下部、耳の前

リスクが中等度の部位

唇、口周り、頬前面

リスクが高い部位

コメカミ、ほうれい線、目の下、目の周り、頬の内側、鼻の外側

リスクが非常に高い部位

眉間、額

注入する深さについて

中間層に動脈が走っているため、最も塞栓のリスクが高いです。

骨膜近くの深い層や皮膚のすぐ下の浅い層に注入するとリスクを減らせます。

 

ヒアルロン酸による失明と皮膚壊死の治療法

失明に対しては、確実に有効とされる治療法は確立されていないというのが現状です。

  • 温湿布
  • マッサージ
  • ニトログリセリン軟膏
  • アスピリン内服
  • 酸素投与
  • ヒアルロニダーゼ
  • 失明が起こったら眼科医に治療を依頼する

参考文献

Patient Safety Recommendations – Issue Date 20 December 2016 – ISAPS

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたのお顔のシワ・たるみの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

顔のシワたるみ自動診断

 

関連記事

ヒアルロン酸注入 | 二子玉川美容外科クリニック

ヒアルロン酸を定期的に入れることのデメリット・危険性について

ヒアルロン酸の種類について

ヒアルロン酸注射の副作用・リスク・危険性について

顔へのヒアルロン酸注射の副作用

ヒアルロン酸の注意すべき副作用|失明について

ヒアルロン酸による皮膚壊死の副作用・リスクについて

ヒアルロン酸による皮膚壊死の初期症状【これが起こったら注意!】

ヒアルロン酸による失明と皮膚壊死の予防法と治療法

知らないと損!ヒアルロン酸で涙袋を作ることの5つのデメリット

 


 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

 

「二子玉川美容外科クリニックの治療に興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々がどのような経過だったか、症例写真と直筆の以下の内容をご覧になりませんか?


1.経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンをクリックして資料をご覧ください。


資料を読む>>