0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 顔のシワ・たるみ

ヒアルロン酸による皮膚壊死の初期症状【これが起こったら注意!】

ヒアルロン酸による壊死の初期症状について解説いたします。

ヒアルロン酸による皮膚壊死は、まれな副作用・リスクですが、一旦起こってしまうと不可逆的なので注意が必要です。

ぜひ参考にして下さい。

 

ヒアルロン酸が血管内に詰まった時に見られる初期症状は以下の通りです。

ヒアルロン酸による皮膚壊死の初期症状

ヒアルロン酸の皮膚壊死が起こる前兆として、以下のものがあります。
ただし、症状が見られないこともあるので、注意が必要です。

色が白くなる

この変化は、ごくわずかな時間にしか見られません。
注入した部位をしっかりと観察しておくことが重要です。

その後、日を追うごとに、赤⇒紫⇒黒へと色が悪くなってきます。

特に最初の白・赤といった色の変化が「まだら」であることが特徴です。

なお、内出血予防のために、ヒアルロン酸にエピネフリン入りの麻酔を入れている場合は、皮膚変化が分かりづらくなることがあり、皮膚壊死の徴候を見逃すことがあり得るので、注意が必要です。

腫れ

腫れが起こることがあります。

痛み

痛みがあるケースも見られますが、まれに痛みがないこともあります。
痛みは、血管内に注入された場合に特徴的な症状です。

ヒアルロン酸による壊死の経過について>>

 

ヒアルロン酸による皮膚壊死の初期症状が見られたら

注射を即時停止の上、マッサージ、温湿布、局所ニトログリセリンペーストおよびヒアルロニダーゼなどによる早期の治療が必要になります。

一刻も早く治療することが大事なので、もし上記のような初期症状が現れたら、皮膚壊死を疑うことが重要です。

 

 

失明と並んで、ヒアルロン酸による血管塞栓による副作用として、「失明」があります。
失明と皮膚壊死は同時に起こることがあります。
失明の初期症状については、以下をご覧下さい。

失明の初期症状の詳細>>

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマやお顔のシワ・たるみの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

顔のシワたるみ自動診断

 

関連記事

ヒアルロン酸注入 | 二子玉川美容外科クリニック

ヒアルロン酸を定期的に入れることのデメリット・危険性について

ヒアルロン酸の種類について

ヒアルロン酸注射の副作用・リスク・危険性について

顔へのヒアルロン酸注射の副作用

ヒアルロン酸の注意すべき副作用|失明について

ヒアルロン酸による皮膚壊死の副作用・リスクについて

ヒアルロン酸による皮膚壊死の初期症状【これが起こったら注意!】

ヒアルロン酸による失明と皮膚壊死の予防法と治療法

知らないと損!ヒアルロン酸で涙袋を作ることの5つのデメリット

 


 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「二子玉川美容外科クリニックの治療に興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々がどのような経過だったか、症例写真と直筆の以下の内容をご覧になりませんか?


1.経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンをクリックして資料をご覧ください。


資料を読む>>