0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 症例写真

50代女性 目の下のクマ治療+顔のシワ・たるみ治療+くすみ治療 1年2か月後の経過

①目の下のたるみ・クマ治療(経結膜脱脂+グロースファクター)

②顔全体のたるみ治療(頬・ほうれい線・口角のグロースファクター注入療法)

メラフェードによるシミ・くすみ治療

を受けられたモニターの方です。

 

術前・・・診察上の所見・色で分類したクマの種類としては、以下の通りです。

1.涙袋目の下の脂肪(眼窩脂肪)の突出により不明瞭になっています。

2.脂肪の量(進行度)としては中等度です。

3.ふくらみの下にはハの字状にくぼみがあります。

4.くぼみの位置にはシミ(茶クマ)はわずかにあります。

5.の厚みは左右差(右<左)が見られ、たるみにより上1/2が扁平~ややくぼんだ状態になっています。

6.ほうれい線はくっきりと見られ(右<左)、マリオネットラインとつながっています。

7.フェイスラインのたるみが見られます。

 

 

術前(メイクあり)・・・メイクをしても目の下の凹凸は残っています。

 

 

1週間後・・・内出血はほとんど目立ちませんが、わずかに腫れが残っています。

むくみやすい方や脂肪が多い方は腫れが長引くこともありますが、必ず引いていきますので、しばらく様子を見ていただきます。

グロースファクターはこの時点ではまだ効果が出ていません。

 

 

1か月後・・・腫れはほぼ引いています。

グロースファクターの最終結果は半年かかるので、この時期は何もせずに様子を見ていただきます。

 

 

6か月後・・・この時点で目の下の小ジワ・法令線・マリオネットラインに対して追加投与を受けられました。

 

 

1年2か月後・・・きれいになっていますね。

また、長期にわたりいい状態を維持されています。

フェイスラインは引き締まっています。

メラフェードにより肌全体が明るくなった印象です。

 

 

施術前・・・斜めから見た状態です。

 

 

1年2か月後・・・自然な仕上がりです。

 

 

術前・・・反対側です。

 

 

1年2か月後・・・若返った印象です。

クマ・シワ・たるみが良くなっています。

 

 

施術前・・・笑った状態です。

 

 

1年2か月後・・・皮膚にハリが出たため、シワが寄りづらくなっています。

笑っても違和感はありません。

 

施術名:経結膜脱脂+グロースファクター 

施術名:グロースファクター注入療法

施術名:メラフェード

 

 


経結膜脱脂法の術前・術後に気をつけることやダウンタイムの詳細が気になりますよね?
経結膜脱脂法(目の下のたるみ取り治療)の詳細をご覧になりたい方は、次をクリックして下さい。


目の下のたるみ・クマは、グロースファクターの注射のみでも改善できることが多いです。
その場合、費用やダウンタイムが最小限で済み、脱脂後のシワを回避できることと、頬のリフトアップによる若返り効果も得られるというメリットがあります。
詳細をご覧になりたい方は、次をクリックして下さい。


目の下のたるみ・クマでお悩みの方は、解決方法がここできっと見つかると思います。
目の下のたるみ・クマの記事一覧をご覧になりたい方は、次をクリックして下さい。


実は、経結膜脱脂手術できれいに仕上げるためには、手術前の準備で9割が決まります。
逆に言うと、そこをクリアすれば、経結膜脱脂法で成功するのはそれほど難しいことではありません。
詳細は、以下をご覧下さい。


目の下の脱脂で失敗したり後悔したくないですよね?
当院または他院様で目の下の脱脂などを受けられ、後悔された方の分析と、そこから得られる失敗学について解説いたします。

  

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

 

目の下のたるみ・クマの関連記事

症例写真

症例写真|脱脂+グロースファクター 
症例写真|手術しない目の下のクマ治療 
症例写真 | 目の下のクマ他院修正治療

 


【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「このクリニックに興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

色々ご不安な方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々による直筆の資料(症例写真付き)をご覧になりませんか?

主な内容:
・痛み・内出血・腫れ
・お休みを取った期間
・結果の満足度 など


ぜひ以下をクリックしてご覧下さい!


資料を読む>>