0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • よくあるご質問

【よくあるご質問】頬の脂肪溶解注射は法令線解消に有効でしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

頬の脂肪を減らすと法令線に上からのしかかる重みが減るために法令線は浅くなりますが、以下の理由からあまりお勧めはしません。


1.頬のたるみが加速する

2.将来皮下脂肪が減ったときに余計に老けて見える可能性がある


1は皮下脂肪が余るため、皮膚のたるみが目立つことが原因です。

皮下脂肪がかなりある方や、年齢的に若い方は脂肪溶解注射は控えめに行ってもよいかもしれません。

2は10年単位では皮下脂肪は減ってくるため、将来より老けて見える可能性があるからです。

今後のことを考えるとあまり頬の脂肪はむやみに減らさない方が良いです。


そもそも、法令線ができる原因は頬の皮膚が紫外線や加齢の影響により薄くなり、伸びて重力で下がってくるためです。

また、皮膚はある程度皮下脂肪とゆるくくっついているため、頬の脂肪は皮膚とともに下に下がります。

下がってきた頬の皮膚は法令線のところで支えられています。

法令線のところにはじん帯と呼ばれる構造があり、皮膚は深部に固定されています。

上からの落ちてくる皮膚の防波堤のような役割をしています。

支える法令線のところの皮膚が弱くなるとパキッと折れ線ができてしまいます。

これが法令線です。


法令線を治療する方法は以下の4つに分類されます。


1.頬をリフトアップさせる

グロースファクターにより皮膚のハリを出したり、糸でリフトアップさせる(スレッドリフト)、ヒアルロン酸によるリフトアップ、高周波・超音波機器などにるリフトアップ治療などがあります。

頬を持ち上げることで法令線への負荷を軽減させる原理です。

実際は、この方法ではあまり法令線の線自体は変化が乏しいこともあります。

また、頬が特にくぼんでいる方は、上の方から改善していくことで法令線そのものを治療しなくてもバランスが良くなり、きれいに見えることもあります。

これは人の顔を見る時に、目・頬を中心に見るためで、顔の中央の印象を改善することがインパクトが大きいこととも関係しています。


2.法令線のハリを出す(グロースファクターによる法令線治療)

グロースファクターを法令線に注射すると頬を治療しなくても法令線のコシができることでシワが改善します。

これが一番本質的かつ確実な方法です。

効果も長期持続します。

グロースファクターによる法令線治療例:http://ameblo.jp/ft-bc/theme-10080588970.html


3.法令線のくぼみを埋める(ヒアルロン酸などのフィラー治療)

法令線の溝の中に詰め物をしてふくらませる治療です。

最も広く行われている治療ですが、吸収されるたびに繰り返し行わないといけないことと、繰り返し行うことで皮膚が壊死する確率が高くなることに注意しないといけません。

注入剤が血管を詰まらせてしまい、鼻の先端への血流が途絶えてしまうことで皮膚が欠損していまうことがあります。

また、繰り返し行うということはコスト的な問題もあります。


4.頬の脂肪を減らす(脂肪溶解注射・脂肪吸引)

頬の脂肪を減らすことは前述の通り、根本的な治療ではありません。

頬のたるみの原因となることでかえって将来法令線が目立ってしまうことにつながるからです。



関連記事です。

目の下のクマ+顔の広範囲のたるみ治療 6カ月後の経過

グロースファクターによる顔全体のたるみ治療で、目の下のクマ~法令線を一気に改善 10カ月後の経過

【よくあるご質問】口周りの脂肪には脂肪溶解注射が効果的なのでしょうか?

【よくあるご質問】頬のグロースファクター注入療法でどのように頬は変化しますか?

【よくあるご質問】グロースファクターの頬の治療後のイメージを事前に知ることはできますか?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket