0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • よくあるご質問

【よくあるご質問】目の下の脂肪の量が中等度の場合、目の下のみのグロースファクターで改善しますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

1.目の下の脂肪(眼窩脂肪)は放置すると年々出てきます

 

目の下のたるみ・クマは、①→③のように徐々に進行していきます。

 

 

年代別の進行度の平均値を示したグラフです。(H26.1~H27.3のモニターの方が対象)


20代は平均1.5ですが、50代になるにつれて3近くになっています。

 

2段階目(中等度)になると、涙袋が不明瞭になったり、目の下に赤み(赤クマ)が出てきたりします。

 

2段階目(中等度)の例

 

 

2.目の下の脂肪の量が2段階目(中等度)以上の方で、手術を希望されない場合は、目の下+頬の範囲をおすすめします

 

目の下の脂肪が中等度以上の場合は、凹凸が比較的大きいことが多いです。

凹凸が大きいと、目の下の皮膚のハリだけで完全に隠すのにはある程度限界があります。

つまり、頬の領域まで治療された方が広い範囲にハリがしっかり出るためにきれいに仕上がります。 

 


①が目の下、②が頬の領域です。(範囲は多少個人差があります)

 

目の下のクマをカバーする力としては、①<①+②です。

 

まずは目の下のグロースファクターのみで様子を見て、その後グロースファクターの追加を行うか、改めて脱脂を追加するか検討することも可能です。 

ただし、目の下と頬は隣接した領域であり、境界が多少あいまいなので、同時に行ったほうが多少バランスが取りやすいことも事実です。

なお、別々に行う場合は、半年以上の期間を空ける必要があります。

 

 

CASE1(再掲)


1  


施術前・・・目の下の脂肪の量は中等度です。

目の下+頬+法令線+口角のグロースファクターとメラフェードによるシミ治療を受けられています。

 

  
2

3カ月後・・・目の下のクマ、くすみが改善しています。

この方の詳細な経過はこちらです。

https://ameblo.jp/ft-bc/entry-12214624303.html

 

 

CASE2(再掲)

3

術前/1年6ヵ月後・・・目の下+頬+口角+法令線のグロースファクターを受けられています。

グロースファクターだけで目の下のクマが改善しています。 

 

 

3.脂肪の量が2段階目(中等度)以上の方は、「目の下のみ」グロースファクターでは不十分なことが多いです

 

 目の下の脂肪が中等度以上の方は、グロースファクターのみでは、ある程度の改善は見られても、脱脂+グロースファクターに比べると、ふくらみが多少残ったりするなど、不十分なことがあります。

特に重度の方は、症状を緩和させる程度だとお考え下さい。

 

 

4.グロースファクターのみで不十分な場合、対処法としてグロースファクターの追加または脱脂手術を行うという選択枝があります

 

 

CASE1.目の下のグロースファクター⇒追加投与例(再掲)

 

pre 

施術前・・・目の下に脂肪によるふくらみ+くぼみがあります。

 

 
6m 

6カ月後・・・3カ月後の時点で少量追加投与を受けられています。最終的には、皮膚のハリが出ることにより、くぼみが改善し、凹凸感は目立たなくなっています。

 

 

CASE2.目の下のグロースファクターのみ⇒脱脂追加例(再掲)

 

1

施術前・・・目の下にはふくらみ+くぼみがあります。

また、赤みと色素沈着もあります。

グロースファクターによる「手術しない目の下のクマ治療」を受けられました。

 

 

1

7ヵ月後・・・ふくらみが軽度残っています。

経結膜脱脂による追加治療を受けられました。

 

 

1

脱脂後6ヵ月・・・凹凸感が改善しています。

赤クマも取れています。

 

 

5.目の下の脂肪の量が2段階目(中等度)以上の場合は、脱脂+グロースファクターがベストです

 

一度グロースファクターのみを行ってから、後で脱脂のみを追加すると、料金的にも手間的にも余計にかかってしまいます。

中等度以上の脂肪がある方は、1回の治療でしっかりと改善させるほうがシンプルかつ仕上がりも良いです。

 

脱脂+グロースファクターを受けられたモニターの方です。

 

CASE2(再掲) 

1

術前・・・目の下にふくらみ+くぼみがあります。

 

 

3
6ヵ月後・・・すっきりとした印象です。

 


CASE2(再掲) 

pre

術前・・・目の下にふくらみ(脂肪)とくぼみ(皮膚のたるみ)があります。

涙袋は脂肪に埋もれて不明瞭になっています。

脱脂+グロースファクターによる治療を受けられました。

 

 

6m

6ヵ月後・・・きれいになっていますね。

涙袋も復活しています。

 

 



6.目の下の脂肪の量が3段階目(重度)の方で弾力が低下している方は、「脱脂+グロースファクター」+頬のグロースファクターをお勧めします



 

弾力が低下している方の場合、脱脂後に小ジワ・たるみが起こりやすくなっています。

そういった方は、①脱脂を控えめに行い②目の下+頬の領域にグロースファクターを行うと、きれいに仕上がります。

ただし、その場合は涙袋は多少隠れたままになります。

 

 

関連するよくあるご質問です。 

【よくあるご質問】私の目の下のクマをグロースファクターだけで治すのにどこを治療すればよいですか?

【よくあるご質問】グロースファクターの効果が、目の下+頬>目の下である理由は何でしょうか?

【よくあるご質問】目の下と頬の両方の治療を行うのに、日程は同時と別々のどちらがよいでしょうか?

【よくあるご質問】グロースファクターの頬の治療後のイメージを事前に知ることはできますか?

【よくあるご質問】頬のグロースファクター注入療法でどのように頬は変化しますか?

【よくあるご質問】グロースファクターのみによる治療も一度カウンセリングに来た方がいいですか?

【よくあるご質問】私の目の下の脂肪はどれくらいありますか?

【よくあるご質問】目の下の脂肪によるふくらみは、このまま放置すると年々出てきますか?

【よくあるご質問】グロースファクターを頬に打つと、頬が厚くなるのですか?

【よくあるご質問】脂肪注入vsグロースファクター注入・・・違いは何でしょうか?

 

 


 


 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket