0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • よくあるご質問, 目の下のたるみ・クマ

目の下の赤み(赤クマ)を取るには、どのような改善法がありますか?

赤クマの改善方法にどのようなものがあるか知りたいですか?

治療により赤クマがどれくらい改善するかを、症例写真の実例とともに解説いたします。

赤クマ改善に有効な2つの治療法

目の下の赤クマは以下の2つの要因があります。

  • ①目の下の皮膚が薄くなっている
  • ②目の下の脂肪(眼窩脂肪)が眼輪筋を圧迫している

それぞれに対処することで、赤クマの改善が可能です。
①のみの対処でも赤みは多少は改善しますが、両方治療した場合に比べて、改善度が落ちます。

改善方法① 皮膚の厚みを出す

①目の下の皮膚が薄くなっている状態に対しては、グロースファクターの注射で改善できます。

グロースファクターは、元々皮膚にある成分で、皮膚のコラーゲンを増やします。
約半年で、皮膚のハリが出てきます。
また、皮膚の厚みを増すことで、眼輪筋の色が透けて見えづらくなることで、赤みが改善します。

次の方は、グロースファクターのみの治療を受けられた方です。
赤みが多少改善しています。

赤クマがある方で、手術によらない治療後で赤みが改善した例

改善方法② 経結膜脱脂法により眼輪筋への圧迫を解除する

目の下の脂肪(眼窩脂肪)が眼輪筋を圧迫している経結膜脱脂法

脱脂により脂肪の圧力を解除すると、赤みは目の下の脱脂直後にスーッと引きます。

逆に言うと、赤みが強い方は、経結膜脱脂法をしない限り、赤クマは改善しません。

次の写真は、先ほどの方の治療の続きです。
最終的に、脱脂をすることで、赤みが完全に改善しています。

赤クマがある方で、手術によらない治療後に結局脱脂を受けられた例 -
詳細な経過>>

このように、赤みが強い場合は、脱脂+グロースファクターが改善に有効です。

赤クマの治療法に迷った場合は、脱脂をした方が最もきれいに改善する

赤クマには、前述の通り、手術する改善方法と手術しない改善方法があります。
もしどちらにするか迷った場合、よりきれいにすることをお考えでしたら、経結膜脱脂法を選ばれた方が確実です。

次の方は赤クマが強めの方です。
最初、手術をお勧めしましたが、グロースファクターのみを希望されました。
通常、目の下の脂肪の量が中等度の場合は、目の下+頬のグロースファクターが必要ですが、この方は、目の下のみを希望されました。
その結果、ふくらみとくぼみ・赤クマが残り、後から経結膜脱脂手術を受けられました。
脱脂後は、赤クマもきれいに改善しています。

赤クマがある方で、グロースファクターのみの治療後に後から脱脂を行った改善例
詳細な経過>>

グロースファクターのみによる治療後に赤みが気になった場合の対処法

どうしても手術に抵抗がある方は、まずはグロースファクターで様子を見ることも可能です

グロースファクターのみでも凹凸感を解消できたり、赤みが緩和されることがほとんどで す。

グロースファクターのみの治療で物足りない場合は、グロースファクターの追加を受けて頂くことも可能です。

もしそれでもふくらみや赤クマの残存が気になる場合は、後から脱脂を 追加することも可能です。

しかし、実際は、赤クマが強い方には、じっくりとご検討いただいくことが多く、仮にグロースファクターのみを受けられるとしても、赤クマが残ることを事前にご了承いただいております。
そのため、実際は、後から「やっぱり脱脂を受けたい」という方はほとんどいらっしゃいません。

前述の「後から脱脂を受けられたという例」は非常にまれです。(これまで数例のみ)

 「目の下のグロースファクター⇒脱脂例」

赤クマの改善例(脱脂+グロースファクター)

CASE1

術前・・・目の下の赤みが見られます。
経結膜脱脂+グロースファクターによる治療を行いました。

 

術後4か月・・・赤みが改善しています。
詳細な経過>>

 

CASE2

赤クマ改善例1

術前・・・赤クマ+黒・茶クマが見られます。
脱脂+グロースファクター以外に頬・法令線のグロースファクターも受けられました。
その他、メラフェードによるシミ・くすみ治療も受けられています。

6か月後・・・赤みが解消され、さらに目の下の凹凸やシワ・たるみが改善しています。
詳細な経過>>

 

 
 
CASE3
赤クマ改善例2
術前・・・赤+黒クマが見られます。
脱脂+グロースファクターおよび頬、ほうれい線のグロースファクターを受けられました。
6か月後および9か月後にそれぞれほうれい線・左目の下にグロースファクターを追加投与を受けられています。
1年後・・・目の下の赤みやシワ・たるみ・シミが改善しています。
詳細な経過>>

 

赤クマの改善例(グロースファクターのみによる「手術しない目の下のクマ治療」)

グロースファクターのみですと、眼輪筋への目の下の脂肪の圧迫は変わらないので、完全に赤みがなくなるわけではありませんが、皮膚が薄くなることで、多少の目の下の赤み改善は見られます。

CASE1

赤クマ改善例4
施術前/1年2ヵ月後・・・目の下のグロースファクターにより、赤みは多少残っていますが、改善が見られています。 
本来、目の下の凹凸を完全に治療するには、頬のグロースファクターまで行った方がきれいになります。(当院の治療方針の詳細>>
詳細な経過>>

 

CASE2

赤クマ改善例3
施術前/3.5か月後
目の下のグロースファクターを受けられています。
赤みが改善しています。
詳細な経過>>


CASE3

赤クマ改善例 グロースファクターのみによる治療
施術前/9か月後
目の下・頬のグロースファクターおよびメラフェードによる治療を受けられています。
目の下の赤みと凹凸、さらに顔全体のくすみも改善しています。
詳細な経過>>


CASE4

赤クマ改善例 グロースファクターのみ
施術前/6か月後
目の下・頬のグロースファクターによる治療を受けられています。
目の下の赤みと凹凸が改善しています。
詳細な経過>>

 

CASE5

グロースファクターによる赤クマ改善例
施術前/2年4か月後
元々他院様で脱脂のみを受けられ、当院に修正治療に来られた方です。
目の下には、脂肪の取り残しと赤みがあります。
目の下・頬のグロースファクターおよびメラフェードによる治療を受けられています。
目の下の赤みと凹凸、さらに顔全体のくすみも改善しています。
詳細な経過>>

 

CASE6

1

施術前・・・脂肪の量(進行度) としては中等度です。
赤クマがわずかに見られます。
目の下のグロースファクターを受けられました。
6か月後の時点でグロースファクターの追加投与を受けられています。

5
1年1ヵ月後・・・凹凸と赤クマが改善しています。
目の下には凹凸が少し残っていますが、本来であれば、目の下+頬のグロースファクターの適応です。
詳細な経過>>

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

 

赤クマの関連記事

赤クマ
赤クマの原因 
赤クマの画像 
赤クマが治らない場合について 
セルフケアによる赤クマ対策

 


 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

 

「二子玉川美容外科クリニックの治療に興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々がどのような経過だったか、症例写真と直筆の以下の内容をご覧になりませんか?


1.経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンをクリックして資料をご覧ください。


資料を読む>>