0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • よくあるご質問

【よくあるご質問】目の下の赤みを取るには、どのような治療法がありますか?

目の下の赤み(赤クマ)の原因

 

目の下のクマのうち赤みが見られる方は、一般的に赤クマと呼ばれます。

この原因は、皮膚のすぐ裏側にある眼輪筋という筋肉が透けて見えていることによります。

 

 

透けやすくなる理由は、以下のように2つあります。

 

①目の下の皮膚が薄くなっている

②目の下の脂肪(眼窩脂肪)が眼輪筋を圧迫している

  

  

目の下の断面図です。

 

矢印のところが脂肪です。

これが前に飛び出してくると・・・

 

 

脂肪が、その手前にある筋肉を圧迫し、表面から見ると、筋肉の色が赤く透けて見えます。

同時に、皮膚も薄く引き伸ばされ、余計に透けて見えやすくなります。

 

上記の①②に共通することは、脂肪を包む膜や皮膚の「たるみ」によって起こります。

 

 

赤クマの治療法

①目の下の皮膚が薄くなっている。⇒グロースファクター

皮膚のハリを出すとともに、厚みを増すことで、透けて見えづらくなります。

 

②目の下の脂肪(眼窩脂肪)が眼輪筋を圧迫している⇒経結膜脱脂

脱脂により脂肪の圧力を解除すると、赤みは脱脂直後にスーッと引きます。

 

 

赤クマの治療例(脱脂+グロースファクター)

 

CASE1

術前・・・目の下の脂肪が飛び出していますが、そこがメイクでも隠せないくらい赤みを帯びています。
特に元々色白の方は赤く透けて見えやすいです。

経結膜脱脂+グロースファクターによる治療を行いました。

 

 

術後4か月・・・赤クマが改善しています。

この方の詳細はこちらです。

https://www.ft-bc.jp/12031111878-2/

 

 

CASE2

術前・・・目の下に赤クマが見られます。

脱脂+グロースファクター以外に頬、法令線のグロースファクターも受けられました。

その他、メラフェードによるシミ・くすみ治療も受けられています。

 

 

5

6か月後・・・赤クマが解消され、さらに目の下のクマやシワ・たるみが改善しています。

肌全体も明るくなった印象です。

この方の詳細はこちらです。

https://www.ft-bc.jp/12196283585-2/

 
 
CASE3
preメイク 

術前・・・赤クマがある方です。

脱脂+グロースファクターおよび頬、法令線のグロースファクターを受けられました。

 

 

1y1

1年後・・・クマ・シワ・たるみ・シミが改善しています。

6か月後および9か月後にそれぞれ法令線・左目の下にグロースファクターを追加投与を受けられています。

この方の詳細はこちらです。

https://www.ft-bc.jp/12206406202-2/ 

  

 

赤クマの治療例(グロースファクターのみによる「手術しない目の下のクマ治療」)

グロースファクターのみですと、眼輪筋への目の下の脂肪の圧迫は変わらないので、完全に赤みは取れるわけではありませんが、皮膚が薄くなることで赤みが透けて見えづらくなります。

 

CASE1

1

施術前・・・脂肪の量(進行度) としては軽度~中等度です。

赤クマが見られます。

目の下のグロースファクターを受けられました。

  

 

3

1年2ヵ月後・・・クマが改善してます。

赤みは多少残っていますが、改善が見られています。 

この方の詳細はこちらです。

https://www.ft-bc.jp/12243178632-2/

 

  

CASE2

施術前・・・目の下にはふくらみとともに赤みがあります。

目の下+頬のグロースファクターを受けられました。

6か月後の時点で、目の下に少量追加投与を受けられています。

  

 

9か月後・・・目の下の凹凸がさらに改善しています。

また、赤クマも目立たなくなっています。。

この方の詳細はこちらです。
 
 
CASE3
1

施術前・・・脂肪の量(進行度) としては中等度です。
赤クマがわずかに見られます。

目の下のグロースファクターを受けられました。

6か月後の時点でグロースファクターの追加投与を受けられています。

  

 

5

1年1ヵ月後・・・凹凸と赤みが改善しています。

この方の詳細はこちらです。

 
 
グロースファクターのみによる治療後に赤みが気になる場合の対処法
どうしても手術に抵抗がある方は、まずはグロースファクターで様子を見ることも可能です

グロースファクターのみでも凹凸感を解消できたり、赤みが緩和されることがほとんどで す。

グロースファクターのみの治療で物足りない場合は、グロースファクターの追加を受けて頂くことも可能です。

もしそれでもふくらみや赤クマの残存が気になる場合は、後から脱脂を 追加することも可能です。

 

 「目の下のグロースファクター⇒脱脂例」

https://www.ft-bc.jp/ 12320074020-2/

https://www.ft-bc.jp/ 12260659940-2/

 

 

関連記事はこちらです。