0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目の下のたるみ・クマ

笑った時だけ涙袋が出る症状について | 原因と解消法

「笑った時だけ涙袋が出る理由」を知りたいですか?

目を細めるような笑い方をして涙袋が出る方は、目の下の脂肪(眼窩脂肪)の突出により生じる目の下のたるみ・目袋により涙袋が埋もれていることが多いです。

目を細めると、一瞬だけ目袋が引き締まり、涙袋が復活します。

ここでは笑った時にだけ涙袋が出る理由と、自力で行う対策や永久的な解消法について解説いたします。

ぜひ参考にしてみて下さい。

笑った時だけ涙袋が出てくる原因とは?

笑った時だけ涙袋が出てきますか?

実は、笑った時には、特に目を細めて微笑む時に、眼輪筋(目の周りの筋肉)の上の方だけがキュッと引き締まって、埋もれていた涙袋が出てくると同時に、眼輪筋の下半分は目の下のたるみ(目袋)を一瞬引き締めます。
それにより普段は出ていない涙袋が盛り上がって見えます。

涙袋は眼輪筋の一部なので、筋肉に左利き・右利きがあるように、多少左右差があることも多いです。

笑った時に涙袋が出る原因の眼輪筋

「笑った時だけ涙袋が出る状態」を眼輪筋トレーニングで持続できるか?

眼輪筋トレーニングなどで持続させることができるのでしょうか?

笑った時に一瞬出る涙袋を眼輪筋トレーニングで鍛えることで恒久的に出すのは、かなりの努力が必要と考えられますが、実際にビフォーアフターがほとんど見られないことから難しい可能性が高いです。
実際に海外の顔ヨガの商材の実例を見ても目元は改善していません。
さらに、海外の表情筋トレーニングに関する文献でも否定的です。

しかし、鍛えすぎることによるデメリットはほとんどなく、ドライアイ改善効果もあるので、短期的にでも改善を希望される方は試みる価値はあると考えます。

眼輪筋トレーニングの方法

眼輪筋トレーニングの詳細>>

笑った時に涙袋が出る症状の詳細>>

ご自宅で行う黒クマ・目の下のたるみ対策の詳細>>

「笑った時だけに涙袋が出る状態」は経結膜脱脂法で改善できる

笑った時に涙袋が出る方は、経結膜脱脂法を行うと半永久的に涙袋を復活させることができる可能性が高いです。

詳細は以下をご覧下さい。

【実例解説】 半永久的!美容整形による涙袋の作り方・出し方

ちなみに、ヒアルロン酸による涙袋形成を行っても数か月くらいでなくなることが多いです。

笑った時だけ涙袋が出てくる方が経結膜脱脂法により涙袋を常時復活させた例

例1 脱脂+グロースファクター

笑った時だけ涙袋が出る方が経結膜脱脂法を受けた例

例2 脱脂+グロースファクター

一度改善したら長期維持されます。(経結膜脱脂法の長期経過について>>
なお、こちらの方は、目の上のグロースファクターとメラフェードによるシミ・くすみ治療も受けられています。

笑った時だけ涙袋が出る方が経結膜脱脂法を受けた例

例3 脱脂+グロースファクター

笑うとできる目の下のふくらみが改善しています。

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

関連記事

涙袋とクマの関係は?【画像で詳しく解説】
【実例解説】 半永久的!美容整形による涙袋の作り方・出し方
涙袋とは何でしょうか?【目の下の専門クリニックが画像で解説】 
涙袋の老化による3つの症状【症状と解消法が簡単に分かる!】 
知らないと損!ヒアルロン酸で涙袋を作ることの5つのデメリット 
脱脂希望ですが、涙袋にヒアルロン酸を入れていても手術は可能ですか?
「グロースファクター注入療法」で涙袋を作ることはできますか? 
【よくあるご質問】左右の涙袋の大きさが同じになるように脱脂することはできませんか? 
【実例で解説】経結膜脱脂法により涙袋を出すことはできるのか? 
【よくあるご質問】脱脂後、涙袋が出てくるかどうか分りますか? 
目の下にふくらみがあり涙袋がありません。ヒアルロン酸で作れますか?
グロースファクターにより涙袋を目立たなくさせることは可能でしょうか?

その他の関連記事

笑うと目の下にふくらみができる症状について

 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「二子玉川美容外科クリニックの治療に興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々がどのような経過だったか、症例写真と直筆の以下の内容をご覧になりませんか?


1.経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンをクリックして資料をご覧ください。


資料を読む>>