0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目の下のたるみ・クマ

目の下のクマに対する脱脂後の長期経過【10年後も大丈夫?】

目の下の脱脂後の10年後も維持されているかが心配ですか?

結論から言いますと、心配いりません。

また、グロースファクターも10年後も維持されることが考えられます。

当院はおよそ20年近くの実績がありますが、10年くらい経過した方を実際に拝見しても、問題ないことがほとんどです。

まれに治療していない部位が先にたるんできたりすることがありますが、その場合は、未治療部位にグロースファクターを少量追加するなどで対処可能だったりします。

こちらの記事を読んでいただくと、脱脂後の10年後は、ほとんど心配ないことがお分かりになると思います。

脱脂手術を繰り返し行う必要はない

経結膜脱脂法を受けられた方々の長期経過後です。
いい状態がずっと維持されています。

経結膜脱脂法の長期経過

 

経結膜脱脂法の長期経過

 

目の下治療後 脱脂 長期経過 10年後

 

目の下の脂肪は、放置すると徐々に進行する

目の下の脂肪は、脂肪を包んでいる膜が緩んでくることで出てきます。
それは、年々緩んでくるため、脂肪の飛び出す量はどんどん増えていきます。


詳細はこちら

 

目の下の脱脂後は、目の下の脂肪は出にくくなるため、ふくらみの再発はまずない

1回でも目の下の脱脂を受けると、その後、手術の影響で脂肪を包んでいる膜が硬くなります。
その後は飛び出しにくくなります。
つまり、再発は起こりにくくなります。

そのため、2回手術を受けられる方はまずいらっしゃいません。
実際に、当院にて目の下の脱脂を受けられた方で、目の下の脂肪が再発したために再手術を希望して来られた方はまずいらっしゃいません。

早めに脱脂手術を受けられることで、将来的な目の下の脂肪の進行の予防にもなります。

ただし、後述のように、紫外線を浴びる量によっては、未治療部位(頬など)にたるみが起こることがあり得ます。
その場合は、治療していない部位が全体的にたるんできます。
そのため、目の下の脱脂後は、紫外線防止、有酸素運動、甘い物を避けるといった、予防習慣を心がけていただくことで、長期的にいい状態を維持できると考えます。

未治療であれば、10年後の将来は、さらにたるむことが予想される

目の下の脂肪はどんどん出てきます。

当院で目の下の脱脂を受けられた方々の年代別の目の下のふくらみの進行度の平均値です。(H26.1~H27.3のモニターの方が対象)

年代が10年上がるごとにふくらみが多くなっています。
こちらは、同一人物を追いかけたものではないですが、少なくとも年代が低い方が、目の下の脂肪のふくらみが少ないと言えます。

脱脂をしない目の下のクマの治療法もある

脱脂は手術なので、心理的なハードルが高いですよね。

そういう方は、まずはグロースファクターで様子を見られることも可能です。

現在は1:2の割合で、グロースファクターのみの治療を選択される方が多く、実際にグロースファクターのみで治療された方は、手術した場合と遜色ないくらいに凹凸感を解消できていることがほとんどです。

手術しない目の下のクマ治療【本当の目の下の切らないたるみ取り】

 

グロースファクターの効果は長期維持される  

グロースファクターも10年以内に何回も繰り返し行う必要はない

グロースファクターの効果は何年も維持されます。
たるみを促進するような生活習慣(紫外線、甘い物、運動不足など)を避けていただければ、10年後もいい状態を維持されます。

現在、当院ではグロースファクターのみによる治療を受ける方の方が脱脂を受ける方よりも多いです。

もし後で結果が不満足な場合は、後から脱脂を追加することも可能ですが、そうなったケースは非常にまれ(これまで数例のみ)で、通常はグロースファクターの追加で対処可能なことがほとんどです。

 「目の下のグロースファクター⇒脱脂例」・・・このような例は、そもそも適応外の治療(例えば、中等度の目の下の脂肪の量の方が目の下のみのグロースファクターを受けられた場合など)で起こります。
その方に合った治療を受けられれば、再治療として脱脂を要することはまずありません。

30代女性 目の下のたるみ・クマ治療(脱脂+グロースファクター) 6ヵ月後の経過

40代女性 目の下のたるみ・クマ治療(目の下のグロースファクター後に脱脂)

 

また、当院では年間600件以上のグロースファクターの施術を行っておりますが、10年くらい前に当院で治療を受けられた方で、追加をご希望の方が続々と来られているかと言うと、ほとんど来られていません。

老化防止も期待できる(早めに治療することで10年後が違う)

グロースファクター治療後、10年単位で見ると、紫外線を浴びる量や受けるストレスの量などによっては、コラーゲンが減少することはあり得ます。
ただし、治療している部位はコラーゲンが増えているので、シワやたるみが起こりにくいため、治療していない部位の方が先に老化が起こります。
しがたって、グロースファクターは若返りだけではなく、今後の老化防止にも役立ちます。
つまり、一度治療されれば10年後が違います。

グロースファクターをされた場合、数か月前後で見た目の若返りが起き、その効果は長期維持されます。
その後、例えば10年たって周りの同年代の方と比較された場合、若返り効果が維持されているのに気づかれると思います。

グロースファクター治療後、数十年経った時の対策

もし10年~20年経ったとしたら、治療していない部位が先に気になると思いますが、その場合は、治療していない部位に追加するか、治療部位と未治療部位の境界をぼかすようにグロースファクターを追加すると改善できます。

ただし、そのような例はこれまでの当院の15年以上の経験上、まず全くと言っていいほどありません。
それくらい完成後の状態を皆様が長期維持されています。

以下にに詳細な経過写真があります。
よろしければご覧下さい。

【よくあるご質問】グロースファクターは約何年くらいもちますか?

 

グロースファクターの追加料金は?

追加料金は、各部位のグロースファクターの正規料金の半額以下の量や範囲に応じた料金とさせていただいております。   
例えば、目の下の片側の追加治療でしたら、目の下のグロースファクターの正規料金の半額のさらに半額以下で可能となります。

一度改善したら、後は予防に努めていただければ、長年維持されます。
また、何年経ってもその料金で追加できますので、それほど維持費はかからないと思います。

 

関連するよくあるご質問

目の下のクマが進行していく過程ではどのような特徴が見られますか?

グロースファクター後、時間が経つと多少皮膚がたるんだりしてしまうのでしょうか?

グロースファクターは、今やっておけば10年後かなり違いますか?

グロースファクターは約何年くらいもちますか?

グロースファクターは、定期的に何度か注入しないとダメなのですか?

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

 

関連記事

経結膜脱脂法

目の下のクマ・たるみを治す方法の比較 

目の下のクマ治療にかかる料金を最小限にする簡単な3つの方法

目の下の脱脂の後悔するパターン・落とし穴

目の下のクマ治療における当院の特徴・他との違い

手術しない目の下のクマ治療

経結膜脱脂法

目の下の脱脂のみについて

経結膜脱脂法に起こり得る後遺症について

【よくあるご質問】経結膜脱脂のデメリットを教えてください。

他院の目の下の「脱脂のみ」で窪みが残った場合、修正できるか?

【目の下の脱脂】取りすぎ・取り残しを防ぐ5つのステップ

経結膜脱脂法の費用【費用対効果を高める5つのシンプルな方法】

目の下の脱脂・たるみ取り 治療経過一覧

目の下の脱脂術後の出血(血の涙)・内出血の予防法と対処法

目の下の脱脂後の腫れを最小限にするための3つのポイント

経結膜脱脂法のダウンタイムを最小限にする5つの方法

脱脂後の目の下のシワ【事前に予測する方法と予防法・解消法】

経結膜脱脂法(目の下の脱脂)の麻酔・術中・術後の痛みについて

経結膜脱脂法を成功させる5のポイント【失敗を避けるには?】

控えめに脱脂+目の下・頬のグロースファクター 

目の下の治療前の過ごし方 

目の下治療後の方へ

目の下の治療後の過ごし方 

脱脂後のフォローアップ 

目の下治療後の他の部位の治療について 

症例写真|脱脂+グロースファクター 

脱脂後の目の下のクマ他院修正治療【取りすぎ・へこみ・窪み修正】

グロースファクター

グロースファクター後の長期経過

グロースファクターの効果の出る時期

 


 

目の下のたるみ・クマの記事一覧へ>>

症例写真一覧へ>>

 


 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

 

「二子玉川美容外科クリニックの治療に興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々がどのような経過だったか、症例写真と直筆の以下の内容をご覧になりませんか?


1.経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンをクリックして資料をご覧ください。


資料を読む>>