0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目の下のたるみ・クマ

経結膜脱脂法の費用【費用対効果を高める5つのシンプルな方法】

経結膜脱脂法(脱脂)をご検討中ですか?

経結膜脱脂法は手術であるため、簡単なプチ整形に比べると、それなりに費用がかかります。
できれば費用を抑えたいですよね?

しかし、もし脱脂を行ったとしても、失敗により修正が必要になることがあれば、初回治療の費用とは別に修正治療の費用もかかってしまいまいます。

そうなってしまうと、高いお金を払って、今度は別な悩みが生じることになりかねません。

さて、そもそも、あなたには脱脂手術が本当に必要でしょうか?

実は、手術以外にも目の下のたるみ・クマを改善する方法はあります。

もしかすると、どこかのクリニックで「あなたは脱脂手術が必要です」と言われたかもしれません。

しかし、例えばグロースファクターのみによる手術しないクマ治療(本当の切らない目の下のたるみ取り)でも、場合によっては手術の結果とそん色ない仕上がりが得られることもあります。

ここでは、経結膜脱脂法の費用に関して、いかにして費用対効果を高めるかについて解説いたします。
参考になれば幸いです。

 

経結膜脱脂法の費用・相場

各HPに掲載されている経結膜脱脂法の料金には約15万円~70万円と幅があります。

経結膜脱脂法のみまたは他の注入治療をセットで行う場合とがあります。

経結膜脱脂法の費用に関する注意点

HPの料金表を見る上で、以下の追加費用について確認されるとよいと思います。

  • 「あなたは特殊なケース」という理由で費用が高くならないか?
  • 両側の料金か?
  • 麻酔代は別途か?
  • 税込みか?
  • ドクターの指名料がかからないか?
  • 注入治療の費用が別途かからないか?
  • 注入費用は、治療内容のグレードによって変わらないか?
  • 初診料は別途か?
  • 処方される薬剤の費用は別途か?
  • キャンセル料はかかるか?

経結膜脱脂法の費用を確認するには?

実際に受診される前に、一度お写真を送って、見積もりが取れるかを確認されるとよいと考えます。
実際に行ってみて、HPに記載されているよりも高い料金を言われた場合、時間と初診料が無駄になってしまうからです。

 

支払い方法も確認すべき

以下について確認されるとよいです。

・一括払いのみか?

・カード分割払いが可能か?

・医療ローンの取り扱いはあるか?

 

お支払い方法等に関する当院の詳細>>

当院の料金表>>

 

経結膜脱脂法の費用を下げる方法

脱脂の費用を抑える方法として、モニターになるという方法があります。

ただし、こちらは契約になるので、その内容をよくご確認いただいて検討されるとよいと思います。

 

経結膜脱脂法の費用対効果を高める5つのステップ

経結膜脱脂法の費用対効果を高めるための方法として、以下のステップが考えられます。
ちなみに、以下の5つの方法を調べるのには、1円もかかりません。

  • あなたの目の下のたるみ・クマの状態を把握する
  • それに対して、どのような治療法があるかを調べる
  • それぞれの治療法の結果を比較する
  • 目当てのクリニックにおけるその治療法の成功率を調べる
  • 万が一の場合に備えて、修正治療の費用も調べる

続いて、上記の詳細について解説いたします。

あなたの目の下のたるみ・クマの状態を把握する

まずは目の下のたるみの程度やクマの種類についてどのような状態にあるかを調べてみましょう。

と言いますのも、一般的に、目の下のクマやたるみがひどくなるにつれて、より選択肢が狭まったり、大掛かりな治療が必要になったりするからです。

詳細は以下をご覧下さい。

目の下のクマの種類とたるみの進行度

目の下のたるみ・クマのセルフチェック

あなたの目の下の状態に対して、どのような治療法があるかを調べる

例えば、目の下のクマの種類やたるみの程度が分かった時点で、「〇クマの治療法」など」で検索したりすると、様々な治療法が出てくると思います。
あるいはお問い合わせにより治療法や費用の見積もりを確認するという方法も考えられます。

場合によっては、脱脂以外の治療法が見つかるかもしれません。

それぞれの治療法の結果を比較する

各クリニックの治療結果については、通常、それぞれのHPの症例写真で確認できます。

目当てのクリニックにおけるその治療法の成功率を調べる

本当の成功率というのは調べるのは難しいですが、例えばクチコミなどがある程度参考になると考えます。

万が一の場合に備えて、修正治療の費用も調べる

治療法をある程度絞った後に、その治療法で万が一不十分な結果になった場合に目の下のたるみ・クマの修正治療の方法について、どのような方法があるかを調べることをお勧めいたします。

また、修正を要した例の修正前の状態がどのような状態にあったかも症例写真で確認されるとよいです。

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法や費用が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

 

関連記事

経結膜脱脂法を成功させる5のポイント【失敗を避けるには?】

脱脂後の目の下のクマ他院修正治療【取りすぎ・へこみ・窪み修正】

ヒアルロン酸注入後の目の下のクマ他院修正治療

グロースファクターと脂肪注入との違い

グロースファクターとヒアルロン酸との違い

アラフォー・40代での目の下のたるみ治療成功例の共通点とは?

目の下のクマに対する脱脂後の長期経過【10年後も大丈夫?】

【クマ治療専門】二子玉川美容外科クリニックの特徴・他との違い

目の下の脱脂で後悔した方のパターンの分析から得られる失敗学

目の下のクマ・たるみを治す方法の比較

手術しない目の下のクマ治療【本当の目の下の切らないたるみ取り】

経結膜脱脂法【目の下のたるみ・クマ専門クリニックが解説】

目の下のクマ・たるみに関する記事一覧>>

 

 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「二子玉川美容外科クリニックの治療に興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々がどのような経過だったか、症例写真と直筆の以下の内容をご覧になりませんか?


1.経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンをクリックして資料をご覧ください。


資料を読む>>