0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目の下のたるみ・クマ

要注意!逆効果な眼輪筋トレーニングの方法とは?!

眼輪筋トレーニングの方法をお探しですか?

実は正しい方法で鍛えないと、逆に①くすみ悪化、②シワが増えるなどの逆効果にもなりかねません。

ここではこれらのリスクを避ける方法について解説いたします。

ぜひ参考にしてみて下さい。

逆効果になりかねない眼輪筋トレーニング

目を細めると、眼輪筋という目の周りの筋肉の収縮により、目の下のたるみや黒クマは、一瞬改善したように見えます。

筋肉は負荷を繰り返しかければ鍛えることができるので、ほどよい収縮を常に得ることができれば、理論上、目の下のたるみや黒クマを改善できる可能性があります。

眼輪筋を筋肉を鍛えるためには、目をつぶるような動きで収縮による負荷を与える必要があります。
それ以外の筋肉(眼球を動かす筋肉)では、その効果は得られません。

また、顔の筋肉を動かすあまり、シワが寄ってしまうと、逆にシワが深くなってしまう可能性があります。

今回、「筋トレ 黒クマ」でgoogle検索を行い、上位50位に書かれていた眼輪筋トレーニング法のうち、お勧めしない(逆効果になる)方法を列挙いたします。

まぶしい表情を作りキープ

目を細める分にはいいですが、眉間にシワが寄りがちなので、注意がいります。

口を「お」の形にして鼻の下を伸ばし、視線を上げて目の下を伸ばす

眼輪筋のストレッチの効果は不明です。
また、この方法は額にシワが寄るので、注意が必要です。

ウィンクを繰り返す

強くウインクをすると、目尻のシワが深くなるリスクがあります。

人さし指で目尻を軽く外側に引っ張り、そのまま目をぎゅっと閉じる

シミ・くすみ悪化のリスクがあります。

鍛え過ぎによるシミ・くすみ悪化のデメリットの詳細を読む>>

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

目の下のクマのセルフケア・予防法の関連記事

ご自宅で目の下のクマを治す方法をお探しの方は、よろしければ以下をご覧下さい。

目の下のクマの種類別のセルフケア・予防法

各クマののセルフケアについてはこちらをご覧下さい。

茶クマのセルフケア

青クマのセルフケア

黒クマのセルフケア

赤クマのセルフケア

その他の目の下のクマのセルフケア関連の記事

目の下のクマ・たるみ-セルフケア・予防法 
眼輪筋を鍛える方法 
眼輪筋の鍛えすぎによるデメリットついて 
ビタミンCのクマへの効果 
蒸しタオルによるクマ対策  
目の下のクマに対するマッサージ 

 


 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

 

「二子玉川美容外科クリニックの治療に興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々がどのような経過だったか、症例写真と直筆の以下の内容をご覧になりませんか?


1.経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンをクリックして資料をご覧ください。


資料を読む>>