0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目の下のたるみ・クマ

眼輪筋を鍛えすぎることのデメリットと注意点【医学的視点で解説】

眼輪筋を鍛えすぎることによるデメリットを知りたいですか?

眼輪筋トレーニングはあまりやり過ぎるとシミ・くすみが悪化し、茶クマと呼ばれる原因を作ります。」ここでは注意点等について詳しく解説いたします。

ぜひ参考にしてみて下さい。

鍛え過ぎによるシミ・くすみ悪化のデメリットについて

眼輪筋トレーニングをやり過ぎることでシミ・くすみが悪化する可能性があります。

正に過ぎたるは猶及ばざるが如しで、鍛え過ぎはあまりお勧めいたしません。

と言いますのも、眼輪筋トレーニングの際に目の周りに指を当てることが避けられませんが、その場合、ある程度の圧力で眼輪筋を抑える必要があります。

それが微妙な強さだとしても、確実に肌の刺激になってしまいます。

たるみにばかり目が行き、肌のシミ・くすみが悪化しては本末転倒です。

ましてや眼輪筋トレーニングの効果がそれほどない場合はなおさらです。

眼輪筋トレーニングの効果はそれほど続かなかったとしても、一旦できてしまったシミ・くすみは意外と長引きます。

どのようなシミ・くすみができるか?

摩擦でできるものとして炎症後色素沈着や頬骨の辺りにできやすい肝斑ができやすいです。

ちなみに、目の下にシミ・くすみができると、茶クマと呼ばれる状態になります。(茶クマの画像>>

特に、目の下のたるみ・黒クマ・目袋がある方が、茶クマを併発すると、「黒クマがひどい」「目の下のたるみがひどい」状態になってしまうので、注意が必要です。

触りすぎることでたるみが悪化するデメリットについて

目の周りに負荷をかけるというととは、皮膚がある程度伸びるということです。

目の周りの皮膚は薄いため、かなりの力で引き伸ばすと多少伸びてしまう可能性はあります。

つまり、たるみが悪化する可能性もゼロではありません。

一旦伸びた皮膚を縮めるのは難しく、もし治すとしたら、上まぶたのたるみ取り手術眉下切開または目の下のたるみ取り手術が必要になります。(いずれも余っている皮膚を切って縫う手術です)

 

仮に正しい方法で眼輪筋を鍛えすぎた場合、デメリットはあるか?

特に眼輪筋が鍛えられすぎることによるデメリットはありません。

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

 

目の下のクマのセルフケア・予防法の関連記事

ご自宅で目の下のクマを治す方法をお探しの方は、よろしければ以下をご覧下さい。

目の下のクマの種類別のセルフケア・予防法

各クマののセルフケアについてはこちらをご覧下さい。

茶クマのセルフケア

青クマのセルフケア

黒クマのセルフケア

赤クマのセルフケア

その他の目の下のクマのセフルケア関連の記事

目の下のクマ・たるみ-セルフケア・予防法 
眼輪筋を鍛える方法 
要注意!逆効果な眼輪筋トレーニングの方法とは?!
ビタミンCのクマへの効果 
蒸しタオルによるクマ対策  
目の下のクマに対するマッサージ 


 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「二子玉川美容外科クリニックの治療に興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々がどのような経過だったか、症例写真と直筆の以下の内容をご覧になりませんか?


1.経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンをクリックして資料をご覧ください。


資料を読む>>