0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目の下のたるみ・クマ

男性の目の下のたるみ・クマの4つの原因・即効性がある治療法

あなたの目の下のクマの原因と適した治療法を知りたいですか?

男性の方の場合、皮膚の厚みがあるため、ある程度目の下のたるみが進行していても比較的簡単な治療法でクマ・たるみを消せることが多いです。

こちらを読んでいただけると、簡単にクマの原因と解消法が分かります。

ぜひ参考にしてみて下さい。

ここでは、次のような方のお悩みを解決いたします。

30代歳男性です。目の下にふくらみ・クマがありどうにかしたいのですが、眼輪筋のトレーニングを1か月行っても改善しません。どのような消し方がありますか?
最近、どんなに寝ても目の下のくまが取れずに気になります。男性でヒアルロン酸注射とかを受ける方もいますか?

 

男性の目の下のクマ・たるみの種類で多いものは?

当院に目の下のクマやたるみ治療でご来院される男性の方で最も多いものは圧倒的に黒クマです。

なぜなら、黒クマがあると、「疲れた印象」や「元気がない印象」に見られ、場合によっては人相が悪くなります。
黒澤映画では、悪役が目の下にクマのメイクを入れていたと本で読んだことがあります。(ちなみにやり過ぎなくらいのメイクです)

黒クマとは

男性の黒クマの特徴

黒クマは、目の下の脂肪が出ている状態です。

また、その下にはくぼみが見られることがあります。

それらによる陰影により黒く見えます。

黒クマの詳細>>

 

忙しい男性のための簡単なクマの種類の見分け方

あなたのクマの種類は次のうちどれでしょうか?

黒クマ・赤クマ・青クマ・茶クマ

クマの種類によって治療法は変わってきます。
そのため、まずクマの種類を調べてみましょう。

ネット検索すると、「クマの種類の見分け方」が出てきますが、意外と例外もあります。

例えば、「上を見ると、ふくらみがなくなるかどうかで、黒クマかどうかが分かる」といったものです。
実際は、黒クマがある方にこれをやってもらっても、「変わらないです・・・」ということも多いです。

なお、黒クマは、放置すると徐々に悪化します。
ただし、変化すると言っても、十年単位の変化です。
黒クマの場合は、「どれくらい膨らみがあるのか?」といった、ふくらみの進行度を知っておく必要があります。

目の下クマ・たるみの種類

 

クマの種類の見分け方と黒クマの進行度の詳細はこちらをご覧下さい。

クマの種類の見分け方・目の下のたるみの程度の判定方法>>

 

クマがある場合は病気の可能性もあり得る?

慢性消耗性疾患で青クマが起こるという報告があります。
青クマは、皮下の静脈が透けて見えている状態です。
青クマがひどい方、続く方は、健康診断を受けられることをお勧めいたします。

青クマの詳細>> 

 

クマがひどい場合に考えられることは?

「クマがとにかくひどい・・・!」という方は、以下のことが考えられます。

  1. 一つ一つのクマの程度が重度の場合
  2. 軽度であっても複数のクマが重複している
  3. 上記以外に暗い場所で見ている場合

 

「クマがひどい場合」の原因・対処法の詳細>>

 

即効性のある目の下のたるみやクマの改善方法は?

「治療の即効性」という観点から目の下のたるみ・クマの治療法をまとめるとと、以下の通りになります。

結論から言いますと、とにかくすぐに目の下のたるみ・クマを消したい方は脱脂+グロースファクターがお勧めです。

ヒアルロン酸は即効性があるが、繰り返しが必要+失明のリスクあり

ヒアルロン酸は、ジェル状の注入物をくぼみの中に入れる注入治療です。

半年から2年くらいで吸収されてなくなるため、繰り返しが必要です。

また、ごくまれに血管内に入り、網膜への血流を遮断することによる失明のリスクがあります。

目の下へのヒアルロン酸注入の詳細>>

経結膜脱脂法は比較的即効性+長期維持効果があるが、腫れが比較的目立ちやすい

経結膜脱脂法は、まぶたの裏側から飛び出している余分な脂肪を取る手術です。

目の下の黒クマ・たるみの原因となっている脂肪がなくなる分、改善の速度は早いです。

また、結果は長期維持されます。

ただし、手術であるため、注射のみの治療に比べると、腫れが出やすいというデメリットがあります。
およそ1週間くらいは腫れがあるとお考え下さい。
場合によってはさらに長引くこともあり得ます。

経結膜脱脂法の詳細>>

脂肪注入は腫れやすく、凹凸・しこり・失明(ごくまれ)のリスクあり

脱脂+脂肪注入を行っているクリニックは多いです。
脂肪注入は、全てが定着するとは限らないため、凹凸がでるリスクがあります。
その他、しこりになる可能性もゼロではありません。

また、固体であるため、ヒアルロン酸と同様、ごくまれに失明が起こったという報告もあります。

グロースファクターと脂肪注入の違い>>

グロースファクターは、腫れも少なく気づかれにくい+長期維持効果あり

「グロースファクターのみ」でも目の下のクマ・たるみを改善できます。
ただし、重度の方は適応外です。(重度の場合は、「控えめに脱脂+目の下・頬のグロースファクター 」が適応)

グロースファクターのみの場合は、腫れが目立ちません。
また、結果が出るまで半年くらいかかりますが、逆に言えば、周りに気付かれにくいです。

一度良くなった後の結果は、長期維持されます。

手術しない目の下のクマ治療(本当の切らない目の下のたるみ取り)の詳細>> 

茶クマを自宅で簡単に治療するならメラフェード

メラフェードは、シミ・くすみ・小ジワに効果があるご自宅用の塗り薬です。
また、フォトフェイシャルやレーザーよりも多くの種類のシミ・くすみに対応できます。

他の類似の製剤よりも赤みが目立たない、日本人向けに配合された医薬品です。

上記治療の仕上げにシミ・くすみ(茶クマ)を取ると、かなりきれいになります。

メラフェードの詳細>>

 

自力で行う目の下のクマ・たるみ対策はどうなの?

表情筋トレーニング(オススメ度△~〇)

これまで医学的に効果があったと証明された表情筋トレーニングはありません。
またネットなどでも目の下のクマ・たるみ、あるいは顔のシワ・たるみに有効とされる方法が紹介されていますが、長期的にかつ明確に前後写真を出しているものはほとんど見られません。

もし行うとしても、数か月単位で長期的に行う必要があります。

クマを消すマッサージ(オススメ度△)

マッサージにより一時的に血流が良くなることはあるかもしれませんが、ほんの一時的な効果にすぎません。
それよりも摩擦により刺激が生じて色素沈着(茶クマ)が起こるリスクが高まります。

マッサージによって青クマ改善が多少あったとしても、この効果は一晩経てば消失します。
そのため、大事な写真を撮る前などに限定して行うのがよいと考えます。

クマを消すクリーム(オススメ度△)

基本的には、市販のものは有効成分や濃度が規制されているため、はっきりとわかる効果を出す製品はまずないと言ってもよいです。
市販のアイクリームには、残念ながら規制によりそこまでコラーゲンを増やせる効果がある成分は入れられないためです。

目の下のクマ・たるみに対するセルフケア・予防法の詳細>> 

 

男性の方の目の下のたるみ・クマの治療経過

20代男性

脱脂+グロースファクター

1

術前・・・斜めから見た状態です。


2

6カ月後・・・涙袋も少し引き締まっています。

詳細な経過>>

 

30代男性

脱脂+グロースファクター

1

術前・・・目の下にふくらみ+くぼみがあります。

3
6ヵ月後・・・ハリのある、すっきりとした目の下です。

30代男性の脱脂+グロースファクターの症例写真>>

 

グロースファクターのみによる「手術しないクマ治療(本当の切らない目の下のたるみ取り)」

 
施術前/3か月後

詳細な経過>>

 

40代男性

脱脂+グロースファクター

pre

術前・・・目の下に脂肪によるふくらみがあります。

3m

3カ月後・・・皮膚のハリが出てきれいになっています。

40代男性の脱脂+グロースファクターの症例写真>>

 

グロースファクターのみによる「手術しないクマ治療(本当の切らない目の下のたるみ取り)」


施術前/目の下のグロースファクター5カ月後

 

50代男性

脱脂+グロースファクター

1

術前

1

6ヵ月後・・・きれいになっていますね。

50代男性の脱脂+グロースファクターの症例写真>>

 

グロースファクターのみによる「手術しないクマ治療(本当の切らない目の下のたるみ取り)」

2

施術前・・・他院様にて脱脂後に目の下にくぼみが生じたとのことで当院にて目の下のグロースファクター、メラフェードによる治療を受けられた方です。

2

6カ月後・・・きれいになっていますね。

詳細な経過>>

 

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

 

関連記事

目の下のたるみ・クマ治療の実例と結果を出すための3ステップ

 

 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

 

「二子玉川美容外科クリニックの治療に興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々がどのような経過だったか、症例写真と直筆の以下の内容をご覧になりませんか?


1.経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンをクリックして資料をご覧ください。


資料を読む>>