0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目の下のたるみ・クマ

控えめに脱脂+目の下・頬のグロースファクター

目の下の脱脂による術後のシワやたるみが心配ですか?

経結膜脱脂法は、目の下のふくらみを取る手術ですが、皮膚の弾力が低下している方は、しっかり脱脂をすると、術後のシワ・たるみという新たな悩みを抱えることになりかねません。

ここでは、そのリスクを回避するための治療法について解説いたします。

「控えめに脱脂+目の下・頬のグロースファクター」とは

目の下の脂肪が重度の方や皮膚の弾力低下が見られる方が適応

目の下の脂肪の量が重度の場合、また皮膚の弾力が低下している方の場合、通常の脱脂+グロースファクターを行うと、小ジワやたるみ、余った皮膚が下がることでふくらみが目立つことがあります。

かと言って、グロースファクターのみでは対処できない場合、あるいは赤クマが目立つ場合は、ある程度の脱脂は避けられません。

そこで、「控えめに」脱脂をすることと「目の下+頬」のグロースファクターを組み合わせることで、上記リスクを回避できます。

目の下の脂肪の量が重度である程度皮膚の弾力がある方は、控えめに脱脂をする必要はなく、「通常の脱脂」および目の下+頬のグロースファクターでよいと考えます。
なぜなら、控えめに脱脂をすると、表情によってはふくらみが見えてしまうというリスクもありますからです。

特に頬にくぼみがある方には有効

頬にくぼみが見られる方は、脱脂後の余った皮膚が頬に下がってきやすくなります。
頬のグロースファクターにより、下に支えできると、脱脂後に余った皮膚が目立ちにくくなります。

グロースファクターの目の下と頬は同時に行った方がバランスが取りやすい

「まずは目の下と頬を治療してから、様子を見て頬のグロースファクターを受けてもよいのでは?」
そう思われるかもしれません。

結論から言いますと、目の下と頬のグロースファクターは、できれば同時に受けられることをお勧めいたします。
その理由は、目の下と頬は隣り合った部位で、なおかつ境界があいまいなため、同時に治療した方がバランスを取りやすいためです。

もし目の下と頬を別々な日程で治療された場合、打ちもれや重複などが生じるリスクが多少ありえますので、あまりお勧めいたしません。特に重度の方は、術後のたるみのリスクを考え、控えめに脱脂をするので、いずれにしても後で頬のグロースファクターが必須になってきます。

目の下と頬のグロースファクターの間隔は、半年空ける必要があるため、もし後から頬を行うとなると、たるみや凹凸が見られるような不完全な仕上がりのまま、半年間過ごしていただくことになってしまいます。

そもそも、分割して治療した場合、1回で治療した時よりもバランスが取りづらくなり、最終的な仕上がりとしても、最初から同時に治療した場合と比較して、多少劣る結果になることが予想されます。また、修正が必要になった場合、最終的には問題ない結果に仕上がるとしても、時間と費用が余計にかかってしまいます。
 
したがいまして、待っていただいてでも、目の下と頬は同時に受けられた方がよいと考えます。 

ちなみに、目の下・頬以外でしたら、別々の日でも影響はありません。
なお、こちらの方は、後で頬の追加修正を要した方です。
https://www.ft-bc.jp/12395326507-2/ 

目の下のグロースファクター後に頬を治療する場合、どこまで治療しているかが厳密にはわかりにくくなります。
それは、グロースファクターはどこに打ったか分からないくらいなじむためです。

実際は、カルテは写真を参考にしますが、それでも正確な施術範囲は推測でしか分かりません。
そのため、目の下と頬を別々な日程で治療された場合、打ち漏れや重複のリスクがあり得ます。

ちなみに、目の下・頬以外でしたら別々の日でも影響はありません。

詳細はこちらをご覧下さい。

【よくあるご質問】目の下と頬の両方の治療を行うのに、日程は同時と別々のどちらがよいでしょうか?

控えめに脱脂+目の下・頬のグロースファクターの治療例

術前・・・脂肪の量は比較的多めで、喫煙や紫外線の影響により皮膚の弾力が低下しています。
また、頬のくぼみが見られ、たるみが目立ちやすいことが予想されます。

術後3か月・・・控えめに脱脂+目の下・頬のグロースファクターおよびメラフェードによる治療を受けられています。

 
術前と3か月後の笑った状態の比較・・・たるみはほとんど目立っていません。

脱脂+目の下のグロースファクター後のたるみに対して修正を要した例


最初に通常の「脱脂+目の下のグロースファクター」およびメラフェードによる治療を受けられています。
6か月後の時点で目の下のたるみ(特に右側)に対して、頬のグロースファクター(涙袋の立ち上がりのところにも少量追加)を受けれられています。
10か月の時点で、たるみは多少緩和されていますが、右目の下は多少たるみが残っています。

このことから、特に皮膚弾力が低下している方や頬のくぼみが見られる方は、最初から目の下と頬を同時にグロースファクターで治療した方が、脱脂後のたるみを緩和できることが考えられます。

関連記事です。
目の下と頬の両方の治療を行うのに、日程は同時と別々のどちらがよいでしょうか?

「控えめに脱脂+目の下・頬のグロースファクター」の原理

「控えめに脱脂した場合、ふくらみが残っても大丈夫でしょうか?」
そう思われるかもしれません。

当院に来られる方の中には、他院様で脱脂を受けられ、「ふくらみが残っているので、何とかしてほしい。」という方がいらっしゃいます。
そういう方は、ある程度の脂肪が残っていても、「目の下+頬のグロースファクター」で改善可能です。

そういう方への修正治療を応用することで、脱脂を控えめに行った上で「目の下+頬のグロースファクター」が可能になります。

1
施術前・・・7年前に他院にて脱脂のみを行い、当院でグロースファクター(目の下+頬)およびメラフェードによる修正治療を受けられた方です。

5
2年4ヵ月後
この方の詳細はこちらです。 

脱脂後の他院修正治療の詳細はこちらをご覧下さい。

脱脂後の目の下のクマ他院修正治療【取りすぎ・へこみ・窪み修正】

 

「控えめに脱脂+目の下・頬のグロースファクター」と通常の脱脂+グロースファクターの違いについて

手術中は両者とも変わりはありません。

仕上がりに関しては、「控えめに脱脂+目の下・頬のグロースファクター」の場合、以下の可能性があります。
ただし、細かく比較すればの話で、改善の度合いに比べたら、あまり問題になるレベルではないと考えます。

ふくらみ感がわずかに残る可能性

脱脂を控えめ行った場合、特に笑った時のふくらみが残る可能性があります。
真顔の時にもふくらみ感が残る可能性はありますが、実際はグロースファクターで皮膚のハリが出て目立たなくなることがほとんどです。
こちらは、「手術しない目の下のクマ治療(本当の切らない目の下のたるみ取り)」の原理を応用しています。

涙袋が埋もれたままになる可能性

目の下の脂肪」が出ている方は、涙袋は埋もれた状態になっています。

次のように、しっかりと通常の脱脂を行うと、涙袋は復活します

’経結膜脱脂による涙袋の変化

詳細な経過>>

しかし、控えめに脱脂する場合は、涙袋の出方がやや不完全になります。

よろしければ診断ツールをご利用ください

質問に答えていくタイプのツールです。
あなたの目の下のたるみ・クマの種類や状態、さらに適切な治療法が分かります。
次をクリックしていただくと、セルフチェックのページに移動します。

目の下のたるみクマ自動診断

 

経結膜脱脂法の関連記事

目の下のクマ・たるみを治す方法の比較 

目の下のクマ治療にかかる料金を最小限にする簡単な3つの方法

目の下の脱脂の後悔するパターン・落とし穴

目の下のクマ治療における当院の特徴・他との違い

目の下のクマ治療後の長期経過

手術しない目の下のクマ治療

経結膜脱脂法

目の下の脱脂のみについて

経結膜脱脂法に起こり得る後遺症について

【よくあるご質問】経結膜脱脂のデメリットを教えてください。

他院の目の下の「脱脂のみ」で窪みが残った場合、修正できるか?

【目の下の脱脂】取りすぎ・取り残しを防ぐ5つのステップ

経結膜脱脂法の費用【費用対効果を高める5つのシンプルな方法】

目の下の脱脂・たるみ取り 治療経過一覧

目の下の脱脂術後の出血(血の涙)・内出血の予防法と対処法

目の下の脱脂後の腫れを最小限にするための3つのポイント

経結膜脱脂法のダウンタイムを最小限にする5つの方法

脱脂後の目の下のシワ【事前に予測する方法と予防法・解消法】

経結膜脱脂法(目の下の脱脂)の麻酔・術中・術後の痛みについて

経結膜脱脂法を成功させる5のポイント【失敗を避けるには?】

目の下の治療前の過ごし方 

目の下治療後の方へ

目の下の治療後の過ごし方 

脱脂後のフォローアップ 

目の下治療後の他の部位の治療について 

症例写真|脱脂+グロースファクター 

脱脂後の目の下のクマ他院修正治療【取りすぎ・へこみ・窪み修正】

 


 

 

目の下のたるみ・クマの記事一覧へ>>

症例写真一覧へ>>

 


 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

 

「二子玉川美容外科クリニックの治療に興味があるけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々がどのような経過だったか、症例写真と直筆の以下の内容をご覧になりませんか?


1.経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンをクリックして資料をご覧ください。


資料を読む>>