0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目の下のたるみ・クマ

目の下のくぼみとクマとの関係とは?【違いを解説】

目の下のくぼみがあるけど、これがクマなのか知りたいと思っていますか?

目の下のくぼみがある方は、ふくらみがあることも多く、それは黒クマになります。

そのあたりを詳しく解説します。

ぜひ参考にして下さい。

目の下のクマとは?

目の下クマ・たるみの分類

 

目の下のクマは、医学用語ではなく、俗称です。

クマは色により以下に分けられます。

  • 黒クマ・・・目の下の脂肪によるふくらみ+くぼみ⇒凹凸により影ができる(=影クマ)。
  • 赤クマ・・・目の下の脂肪がぎゅうぎゅうに詰まっている方は、筋肉が押されて、赤く透けて見える。
  • 青クマ・・・静脈が透けて見える状態。皮膚が薄い方で見えられる。疲労や寝不足で悪化。
  • 茶クマ・・・シミ・くすみ・色素沈着により茶色く見える状態。

赤+青が混ざることで、紫クマになることもあります。
ごくまれに、皮膚の色が黒めの方で、汗管腫のレーザー治療後などに白く見えることによる「白クマ」がある方もいます。

黒クマ 赤クマ 茶クマ 青クマの方の例

 

「目の下のクマ」と「目の下のたるみ」との違い

目の下の皮膚が伸びている状態をたるみと呼びます。

上記の黒クマでは、ふくらみにより、皮膚が伸びていることで、たるんだ状態と言えます。

実際には、皮膚のハリがあって、引き伸ばされているだけのことも多いです。

その場合、脱脂をすると、キュッと引き締まります。
本当に皮膚がたるんでいる方は、脱脂後に皮膚が伸びたままで、ジワやたるみが起こり、たるんだ皮膚は重力とともに下に下がることもあります。

 

目の下のくぼみとは?

目の下にくぼみができる理由

目の下のくぼみは、目の周りの眼輪筋という筋肉の境目が透けて見えることにより生じます。
皮膚が薄くなると、透けて見えやすくなります。

通常は、ふくらみとくぼみが共存して、黒クマが生じることが多いです。

なぜなら、ふくらみとくぼみは、それぞれ内部と外部の「たるみ」と言えるからです。

  • ふくらみ・・・目の下の脂肪を包んでいる膜が緩むことで、飛び出している状態
  • くぼみ・・・皮膚が薄くなり、筋肉の境目の溝が透けて見えている状態

目の下のふくらみとくぼみの模式図

 

目の下のくぼみができる3つの原因

 

赤クマ・青クマ・茶クマがあると、目の下のくぼみが増して見える

実際の凹凸によるくぼみ以外に色が混ざっていると、特に暗い場所ではくぼみが増して見えることが多いです。

特に茶クマがあると、暗めの場所ではくぼみが増強して見えます。

電車の窓やエレベーターの鏡を見てビックリしたことはありませんか?

あれは本来の姿ではありません。
ご安心下さい。

本来の凹凸は、日光の当たる明るい場所で、斜め45度から写真を撮ると分かりやすいです。

暗い場所でのシミ・くすみの注意点

 

関連記事

目の下のくぼみ | 改善のために重要な3つのポイントとは?

「目の下のたるみ・クマ」の分類・進行度

 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「二子玉川美容外科クリニックで治療を受けてみたいけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々の直接の声を聞いてみませんか?


1.似たような症状の方の経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンから資料ご覧ください。


資料を読む>>