0120-735-538
03-5491-5588

電話受付:10〜12時、13時〜18時

診療時間:10〜19時(完全予約制)

  • 目の下のたるみ・クマ

目の下の脱脂後のくぼみの3つの解決方法

脱脂後の目の下のくぼみが気になりますか?

目の下の脱脂後のくぼみは、凹凸の問題と色の問題があります。

色には、赤、青色が関わってます。

また、小ジワも影響したりします。

一つずつ解消すれば、目の下のくぼみから解放されます。

ぜひご覧下さい。

このページの要約

脱脂後に目の下のくぼみが起こる原因は、目の下のくぼみ治療が不十分であること(脂肪をしっかり取ると余計に目立ちやすい)

解決法1:脱脂後のくぼみは、グロースファクターで治療(青クマもグロースファクターで改善できる)

解決法2:赤み(赤クマ)がある場合は、脱脂を再度行うか、グロースファクターで皮膚を厚くする

解決法3:シミ・くすみがあると、くぼんで見えやすい⇒メラフェードで解決(+こすらないように気をつける)

 

脱脂後の目の下のくぼみの原因

脱脂後に目の下のくぼみが起こる理由は、脂肪の取りすぎでしょうか?

実際は、それもありますが、目の下のくぼみの治療が不十分であることが多いです。

目の下のふくらみとくぼみの位置

目の下のくぼみの位置は、以下の図の通りです。
その上に目の下の脂肪によるふくらみがあります。

目の下のくぼみの模式図

まぶたの裏から脂肪を取る手術が経結膜脱脂法です。

脱脂の際に、くぼみ治療をきちんと行うことが重要

目の下にふくらみがある方は、たいていくぼみもあります。
しっかりと脂肪を取り過ぎると、目の下のくぼみが目立つ結果になります。

脱脂のみを行う場合、術後のくぼみを避けるため、控えめに取ることが多いです。
すると、ふくらみが多少残ってしまいます。
結果的はくぼまなくなるというよりは、ふくらみの方へ意識が行って、くぼみがそれほど気にならないだけだったりします。

他院脱脂後のくぼみ修正治療例

上記の方々は、お二人とも他院様にて脱脂のみを受けられています。
左側の方は、ふくらみ+くぼみが残っています。
右側の方は、目の下のくぼみのみが残っています。

ふくらみが残ると不十分な仕上がりになることは当然ですが、くぼみを治さないことには、きれいな仕上がりにはなりません。

結論としては、脱脂のみはお勧めしておりません。
当院では治療される方の99%以上の方は、脱脂+グロースファクターを受けられています。

脱脂のみを受けられる方は、ごくまれにいらっしゃいますが、結局くぼみが気になり、後からグロースファクターを受けられる方がほとんどです。

脱脂のみの場合は、脂肪の取り加減はどのようになるのでしょうか?

目の下の脂肪を過不足なく脱脂するためには?

当院では、脱脂後の取り残しやくぼみを防ぐために、脱脂の途中で体を起こしながら丁寧に進めていきます。

目の下の脂肪は、動く脂肪です。
上を向いた時は、位置が変わります。

目の下の脂肪は上を向くと位置が変わる

そのため、仰向けで手術をしている最中には、脂肪がきちんと取れているかが分からないこともあります。

体を起こして確認するために、眠る麻酔は使いません。
意識はあります。

このように、過不足なく脱脂を行い、くぼみを治療すると、きれいに仕上がります。

赤クマ・青クマ・茶クマがあると、余計にくぼんで見えやすくなる

凹凸以外に色が残っていると、凹凸感がより目立つ結果になります。
これは、特に洗面所などの暗め場所で顕著になります。

赤・青・茶といった、濃い目の色があると、暗い場所では黒ずんで見えてしまうためです。

暗い場所でのシミ・くすみの注意点>>

脱脂後の目の下のくぼみの改善方法

脱脂後のくぼみは、グロースファクターで治療(青クマもグロースファクターで改善される)

脱脂後のくぼみが気になる場合は、グロースファクターで改善できます。

グロースファクターは、皮膚のハリを出すことで、くぼみだけではなく、取り残しがある場合も改善可能なことがあります。

脱脂後の目の下のクマ他院修正治療【取りすぎ・へこみ・窪み修正】

目の下のクマ他院修正治療ガイド【脱脂・ヒアルロン酸後の修正】

赤み(赤クマ)がある場合は、脱脂を再度行うか、グロースファクターで皮膚を厚くする

目の下の赤み、つまり赤クマは、目の下の脂肪の圧力により、筋肉が押されて透けて見えることにより生じます。

脱脂後に目の下の赤みが残っている場合は、以下のことが考えられます。

  • 元々目の下の脂肪のボリュームがあり、目の下の脂肪の圧力により赤クマがあった
  • 脱脂を控えめに行ったことで、赤みが残っている

 

この場合、解決方法としては、以下の2つがあります。

  • 再度脱脂を行う
  • グロースファクターのみで様子を見る

グロースファクターを注射すると、コラーゲンが増えて赤みが透けて見えづらくなります。

目の下の赤み(赤クマ)を取るには、どのような改善法がありますか?

シミ・くすみがあると、くぼんで見えやすい⇒メラフェードで解決(+こすらないように気をつける)

目の下にシミ・くすみがあると、くぼみがより深く見えてしまいます。
また、脱脂後には小ジワが生じやすくなりますが、小ジワがあると、色素の密度が上がるために、くぼみがさらに深く見える原因となります。

当院では、フォトフェイシャルやレーザーよりもメラフェードを選ばれる方がほとんどです。
その理由は、以下の通りです。

  • ご自宅で簡単に治療できる
  • フォトフェイシャルやレーザーよりも治せるシミ・くすみの守備範囲が広い
  • フォトフェイシャルやレーザーでは改善しにくい小ジワもきれいになる
  • 目の周りにも使いやすい(レーザーは当てづらいことも多い)

暗い場所でのシミ・くすみの注意点

 

目の下の脱脂後のくぼみの関連記事

【よくあるご質問】脱脂+グロースファクター術後にくぼみが目立つ時期はどれくらいありますか?

当院にて脱脂+グロースファクターを受けられたモニターの方(2014年~2016年の方々が対象)で、経結膜脱脂+グロースファクター後の途中経過における各時期でくぼみが残っている割合を調査しました。

 

目の下のくぼみ | 改善のために重要な3つのポイントとは?

 

他院の目の下の「脱脂のみ」で窪みが残った場合、修正できるか?

 

目の下のクマ・たるみ治療の落とし穴について

 

脱脂後のフォローアップ

目の下の修正治療の関連記事

【よくあるご質問】他院で脱脂後の取り残しに対して、再脱脂まで期間はどれくらい必要ですか?

 

経結膜脱脂法の関連記事

経結膜脱脂法を成功させる5のポイント【失敗を避けるには?】

 

手術しない目の下のクマ治療【本当の目の下の切らないたるみ取り】

 

【直筆】当院に寄せられた真実の物語

「二子玉川美容外科クリニックで治療を受けてみたいけど、実際はどうなんだろう?」

特に美容医療が初めての方は、ご不安に思われている方も多いと思います。

そこで、実際に治療を受けられた方々の直接の声を聞いてみませんか?


1.似たような症状の方の経過(痛みや内出血、腫れ、仕上がり)はどうだったか?

2.治療後の仕事の休みの期間はどれくらいだったのか?

3.治療後の結果は、果たして満足だったのか?

このような内容をお知りになりたい方は、以下のボタンから資料ご覧ください。


資料を読む>>