1. トップページ
  2. 診療一覧
  3. 目の下のたるみ・クマ

目の下のたるみ・クマ

近ごろ目の下のたるみ・クマが気になり始めた方に朗報です!

そもそも、目の下のたるみ・クマはなぜ起こるのでしょうか?それにはおもに3つの原因・種類があります。

・目の下のたるみ・クマの原因・種類① 目の下の脂肪のふくらみ
これは凹凸を作ることで影を作るので、「影クマ」、「黒クマ」と呼ばれることもあります。

・目の下のたるみ・クマの原因・種類② 皮膚の色素・シミ
茶色く見えることから俗に「茶クマ」と呼ばれます。

・目の下のたるみ・クマの原因・種類③ 眼輪筋の色が透けて見える
赤く見える場合は「赤クマ」、青く見える場合は「青クマ」、両者が混在した場合は「紫クマ」と呼ばれることがあります。

それでは、これらの目の下のたるみ・クマの原因を詳しく見ていきます。

目の下のたるみ・クマ  原因その1:目の下の脂肪のふくらみ(眼窩脂肪の前方への突出)

目の下のたるみ・クマが起こる一番多い原因は何でしょうか?
目の下には「眼窩脂肪」という脂肪があります。(左の図の矢印

眼球の下にある、ちょうど眼球のクッションの役割をする眼窩脂肪が手前に飛び出して起こることによります。その引き金となるのが、加齢などにより目の周りにある眼輪筋や眼窩隔膜などの支えが弱くなってしまうことや頬の骨の角度などが考えられています。
これにより目の下のふくらみができ、さらにその下には溝・へこみができることが多いです。これにより陰影が目の下のたるみ・クマとなります。


次に、目の下のたるみ・クマのできやすい場所を見ていきます。

目の下には涙袋があります。その下が脂肪による「目の下のたるみ・クマ」です。上の図の赤い点線は筋肉の境目にできた溝です。筋肉の境目の溝?と思われる方もいると思いますので、下の図を見て下さい。


ここが境目です。
先ほどの写真と重ねあわせてみると・・・

見事に一致します。
このくぼみ・溝が目の下のふくらみとともに陰影(目の下のたるみ・クマ)を作ります。



当然病状には個人差がありますが、それではどのように進行するか見てみましょう。

目の下のたるみ・クマ・ふくらみの進行度~あなたはどれに当てはまる?

個人差はありますが、目の下のたるみ・クマは早い方で20~30代からでてきます。(10代ですでに出ている方もいます)

目の下のたるみ・クマ治療を選択する上で、次の①~③のうちどの段階にあるかを見極める必要があります。

上の図の①→②→③のように脂肪の飛び出しが徐々に長時間かけて起こってくることで目の下のたるみ・クマが現れます。


上記①の段階では、わずかな突出のみです。涙袋ははっきりと分かる状態で、目の下の溝もはっきりしていません。目の下のたるみ・クマとしては軽度の状態です。

上記②は、目の下のふくらみ+くぼみがはっきり分かる段階です。眼輪筋(目の周りの筋肉)が透けて見えることで、赤~青紫色に見えることもあります。涙袋は不明瞭になっていることもあります。目の下のたるみ・クマとしては中等度です。

上記③の段階ではさらに進行して、目の下のふくらみがかなり目立つ状態です。下方向や外側の脂肪も目立つこともあります。目の下のたるみ・クマとしては重度の状態です。

一番考えられるシンプルな目の下のたるみ・クマの治療法は、

  1. ふくらみ⇒目の下のふくらみを取る(経結膜脱脂などの皮膚を切らずに脂肪を取る手術、皮膚を切って脂肪を移動する手術)
  2. 溝・へこみ⇒埋める(ヒアルロン酸、脂肪注入、グロースファクター注入など)

というのがあります。

目の下のたるみ・クマの手術による治療法の中で最も広く行われているものに「経結膜脱脂」があります。これはまぶたの裏側から飛び出している部分だけの脂肪を取る方法です。

赤線で囲まれた部分の脂肪を取るときれいになります。
青い矢印で示す、瞼の裏側からの進入経路が最短距離です。まぶたの裏の結膜を約1cm炭酸ガスレーザーで切開して、飛び出している分だけ脂肪を取ります。
目の下のくぼみ・溝はグロースファクターの治療によって、ほとんどの場合1回できれいに修復できます。
目の下のたるみ・クマの多くは、このようにふくらみとくぼみ(溝)の治療の両方を行うことできれいになります。
なお前述の「進行度①~②」の場合は、グロースファクターの注射のみでも改善可能な場合があります。(手術しない目の下のクマ治療:詳細はこちら
これまでにあったような皮膚を切るたるみ治療や脂肪を包む袋(眼窩隔膜)を移動させるような大掛かりでダウンタイムの大きい(侵襲の大きい)手術(ハムラ法・裏ハムラなど)は、最終手段と考えます。


目の下のたるみ・クマ  原因その2:皮膚の色素・シミによる(皮膚が褐色になる)

皮膚にはメラニンが存在し、時にシミの原因となります。目の下は皮膚が薄いために小ジワができやすい場所です。この場所にシミが多いとクマのように目立つことがあります。
場合によりシミがあるだけで、目の下のたるみ・クマがあるように見えることもあります。
シミにもいくつかの種類があり、それぞれに治療法があります。そのため、まずどんなシミかを見極める必要があります。
当院では、QスイッチYAGレーザー、フォトRF、メラフェード(トレチノイン・ハイドロキノンからなる塗り薬)などの治療から適切なものをお勧めいたします。


目の下のたるみ・クマ  原因その3:眼輪筋の色が透けて見えることによる(赤・青・紫に見える)

通常の皮膚は、表面から表皮、真皮そして脂肪層という層からなります。目の下は、皮膚の直下に眼輪筋という筋肉があり(下の図の矢印)、透けて見えやすい構造になっています。何らかの原因で眼輪筋がうっ血するとその色が透けて青く見えることがあります(下の右側の図)。先ほど述べましたように、脂肪の突出により眼輪筋が皮膚の方へ圧迫されることで、赤く見えたりすることもあります(一般的には「赤クマ」と呼ばれます)。


そのため治療としては、グロースファクター注入療法により皮膚の主成分であるコラーゲンを増やし厚くさせる方法があります。
なお、目の下のたるみ・クマの原因・種類①の脂肪を除去することで、脂肪による眼輪筋の圧迫が解除され、この赤みは自然に改善することも多いです。(詳細はこちら
また、赤クマもグロースファクターの注射により透けて見えづらくなります。

目の下のたるみ・クマの治療法と満足度

治療法評価(5段階)詳細
グロースファクター注入 ★★★★★ くぼみや溝に注入することで皮膚のコラーゲン線維を増やし目の下のたるみ・クマを改善します。腫れもほとんどなく、シコリになりにくいです。ダウンタイムもほとんどなく、長期持続効果があります。1回の施術で何年も維持されます。
ヒアルロン酸注入 とても多くのクリニックで行っていますが、半年から1年で吸収されるために繰り返しが必要。しこりが残るトラブルも時々見られます。レディエッセも同様に2年くらいで吸収されます。
脂肪注入 ★★ 脂肪細胞は注入後に壊死・吸収されるため、最終的な仕上がりは注入した時よりも小さくなることがあります。そのため術後に思わぬボリュームの違いがでることがあります。また脂肪注入は比較的腫れやすく、術後もしこりが残る可能性があります。後日追加注入が必要な場合、脂肪を太ももなどから手術で取る必要があります。
PRP 血液を採取する必要があり、さらにその中に炎症を起こす成分があるため、腫れが出やすいです。1回の施術では効果が少ないため繰り返しが必要です。

ポイント
グロースファクター注入療法は、①皮膚を厚くして、ハリを出し、目の下の赤・青クマが透けにくくなる、②目の下のくぼみ・溝を改善するといった2つの作用があり目の下のたるみ・クマ治療には最適と言えます。

 

目の下のたるみ・クマの治療①:目の下の脂肪を取る治療(経結膜脱脂)について

目の下のふくらみがある方は、皮膚を切らずに改善する「経結膜脱脂」が効果的です。
経結膜脱脂によりふくらみを取り、目の下にくぼみ・溝がある場合はグロースファクターによって改善することで理想的かつ自然な状態を作ることができます。特に目の下のたるみ・クマの進行度が中等度以上の方はおすすめします。

麻酔方法

当院の麻酔には痛くない工夫をしています。まず麻酔の目薬をします。これである程度痛みは取れるので、次に細い針で注射の麻酔をします。注射は少し違和感がある程度でほとんど痛くないと思います。ほとんどの方が「歯医者さんの治療よりもたいしたことなかった」とおっしゃいます。なお眠る麻酔はしません。その理由は手術中に体を起こしていただいて、適切な量の脂肪が過不足なく取れ、目の下のたるみ・クマがちょうどいい状態に良くなっているか状態を確認するためです。麻酔が切れても手術後の痛みも少ないです。

実際には上記のように、まつ毛をテープで固定し、目をつぶった状態でガーゼを載せて何も見えない状態で目の下のたるみ・クマ治療を行いますので怖くないと思います。

経結膜脱脂の方法

下まぶたを裏返し、目の下のたるみ・クマがあるあたりを軽く圧迫して、結膜を炭酸ガスレーザーで約1cm切開します。この炭酸ガスレーザーは熱が限局しているのできれいに切れ、周囲の結膜に影響がなく、切り口がきれいに切れるので術後の治りがスムーズです。数ヶ月経ってから傷跡を見てもほとんど分からなくなります。

実際の目の下のたるみ・クマの手術はこのように、目をつぶった状態でガーゼで目隠しをして行います。何も見えないので怖くないと思います。

目の下のたるみ・クマの治療法②:グロースファクターについて

目の下のふくらみがある方は、たいていその下にくぼみ・溝があります。ふくらみを取るだけでは、くぼみ・溝が残るため仕上がりは完璧ではありません(図の矢印)。そこで、グロースファクター注射により皮膚のハリを出すことで解決できます。グロースファクターは液体成分からなり細い針で注射できるため、脂肪注入などと比較して、腫れが少ないのが特徴です。最終結果が出るのには約6ヵ月かかりますが、早ければ1週間後くらいに良くなっている方もいます。その後、効果は長期持続します。
紫外線防止や甘いものを控えるなど、予防に努めて頂ければ何年も維持されます。
当院のグロースファクターは、これまで固くなったり、しこりになったりしたことはありませんでした。術後に注射部位を触ってもどこに注射したかほとんど分からなくらるほど自然で、凹凸感などの違和感がありません。


グロースファクターでくぼみが治る理由

上の図は、左から、①脱脂前、②脱脂直後、③グロースファクター後の状態を示します。
① 脱脂前の状態では、脂肪の飛び出し部分がふくらんで見えます。
② 脱脂後・・・ふくらみは取れても、皮膚はたるみがある状態なので、くぼんで見えます。
③ グロースファクター後数ヶ月・・・皮膚のコラーゲンを増やすことでハリが出ます。塊を作るわけではありません。たるんだ皮膚がピンと張ることで、くぼみがない状態になります。 また、うれしいことに小ジワも改善します。

起こりうる危険性・リスク

経結膜脱脂のリスク、副作用
  • 腫れ・内出血・小ジワ・たるみ(皮膚に弾力がない方は皮膚のたるみが下に落ちることでふくらみのように見える可能性)
  • 一時的にくぼみが出る可能性・・・グロースファクターが効いてくるまで半年は待っていただきます。
  • 傷の違和感(軽く引っ張られる感じ)・目を強く閉じた時の軽い痛み・・・数日~1週間程度
  • レーザーでまぶた・頬に傷が付く可能性
  • 出血(血が出やすい・止まりにくいなどの体質による)・感染(これまでなし)・アレルギー(内服薬・局所麻酔・点眼薬など)
  • 気分が悪くなる・・・グロースファクターの注射でこらえすぎて脳が貧血を起こす可能性です。通常は休んでいただければ改善します。
  • 術直後に目の焦点が合いづらい・・・麻酔の影響による一時的なものです。
  • 下斜筋を傷つける(これまでなし)・・・下斜筋は眼球を動かす筋肉の一つで、もし傷つけた場合、下を見た時に物が二重に見える可能性があります。
  • 災害(地震など)が起こる可能性・・・もし何かあった場合、途中で中断して、後日無料で続きを行う可能性があります。
 
グロースファクター単独のリスク、副作用
  • 体質・肌質の違いによる個人差、場所により多少効果に差が出る可能性。⇒2~3回の注入が必要になることもあります。(特に深いシワ・くぼみの場合)
  • 腫れ:1週間~数週間(ほとんどが写真では分からないレベル。むくみやすい体質かどうかにもよります)
  • 内出血:1週間~10日くらい(針穴に沿った点状のことがほとんど。まれに血豆、青あざとなり長引くこともあります)
  • 違和感・軽い痛み:チクチク感を1週間~数週間感じる可能性がまれにあります。(特に顔全体に治療を受けられた方)
  • 痛みが残る・神経が傷付く(これまでなし):敏感な方、深部への注射などで起こり得ます。
  • もの足りない可能性・部分的なくぼみ⇒6ヵ月以降に追加することで対処可能です。
  • 変化に乏しい可能性:元々たるみがあまりない方であり得ます。ただし、予防効果は期待できます。
  • 特に凸の曲面で膨らんだ印象になる可能性⇒皮膚の性質によるもので、脂肪溶解注射で対処可能です。(なお、これまで皮下に塊ができたことはありませんでした)
  • 足りないところと足りているところの差が出る可能性(段差を触れるなど):特に額のように後面が固いところでは過不足の差が凹凸や段差、場合により膨らみとして他の部位と比較して感じやすいこともあります。特に肌の色が濃い方であり得ます。
  • 何年も膨らみ続ける:当院ではなし(他院での報告はあり)
  • 感染(これまでなし)⇒抗生剤などの治療法あります。
  • アレルギー:麻酔クリームや消毒により、湿疹、びらんなどが起こる可能性
  • 目の下で、たるみが下に落ちてふくらみのように見える可能性(特に皮膚に弾力のない方・・・日焼け、年齢、糖質、喫煙による影響が大きいです)

脱脂+グロースファクターの症例写真(年代別)

◆ 20代女性

20代ではふくらみは初期段階のことが多いです。早めに治療することで今後の進行を予防できます。

20代 女性

20代 女性術前→6ヶ月後
術前 → 6ヵ月後

20代 女性

20代 女性術前→6ヶ月後
術前 → 6ヵ月後

この方の体験談はこちらです

20代 女性

20代 女性術前→6ヶ月後
術前 → 6ヵ月後

この方の体験談はこちらです

20代 女性

20代 女性術前→6ヶ月後
術前 → 6ヵ月後

この方の体験談はこちらです

◆ 30代女性

30代では、皮膚のたるみにより目の下の窪みも目立つことが多いです。
当院のグロースファクターでは仕上がりも自然です。

30代 女性

30代 女性術前→6ヶ月後
術前→6ヶ月後

30代 女性

30代 女性 術前→6ヶ月後
術前→6ヶ月後

30代 女性

30代 女性 術前→6ヶ月後
術前→6ヶ月後

この方の体験談はこちらです

30代 女性

30代 女性 術前→6ヶ月後
術前→6ヶ月後

この方の体験談はこちらです

◆ 40代女性

40代では、ふくらみがある程度進行していることが多く、またシミを伴っていることもあります。
当院では、ともに解決する方法も提案できます。

40代 女性

40代 女性 術前→6ヶ月後
術前→6ヶ月後

40代 女性

40代 女性 術前→6ヶ月後
術前→6ヶ月後

この方の体験談はこちらです

40代 女性

40代 女性 術前→6ヶ月後
術前→6ヶ月後

この方の体験談はこちらです

40代 女性

術前
術前→6ヶ月後

この方の体験談はこちらです

◆ 50代女性

50代では皮膚が薄くなっていることが多いので、術後小ジワが出ないようにする必要があります。
当院では、丁寧なフォローアップにより術後の小ジワを解決することが可能です。

50代女性

50代 女性 術前→6ヶ月後
術前→6ヶ月後

この方の体験談はこちらです

50代 女性

50代 女性 術前→6ヶ月後
術前→6ヶ月後

50代 女性

50代 女性 術前→6ヶ月後
術前→6ヶ月後

この方の体験談はこちらです

◆ 30代男性

男性では脂肪のふくらみや窪みから生じる凹凸が大きいことが特徴ですが、自然な仕上がりになるように致します。
また、丁寧な手術により術後のダウンタイムも最小限になるような工夫をしています。

30代 男性

30代 男性 術前→6ヶ月後
術前→6ヶ月後

この方の体験談はこちらです

◆ 40代男性

40代以降の男性では、日焼け・喫煙などの影響により皮膚が薄くなっていることが多いです。
脂肪注入やヒアルロン酸などの詰め物による治療皮膚そのものは変わらないため、小ジワが残ることが多いですが、グロースファクターは皮膚のハリを出し、若々しい目元になるように仕上げられます。

40代 男性

40代 男性 術前→7ヶ月
術前→7ヶ月

40代 男性

40代 男性 術前→6ヶ月後
術前→6ヶ月後

40代 男性

術前→3ヶ月後
術前→3ヶ月後

その他の症例写真は、こちらをご覧ください。

手術しない目の下のクマ治療(グロースファクターの注射のみによる治療)の症例写真こちらです。

患者様の声

よくあるご質問

料金表(税込み、麻酔代込み)

2019年9月30日以前に実施される施術等の料金

グロースファクター(目の下) 138,000円
グロースファクター(目の下+頬) 316,000円
経結膜脱脂手術 + グロースファクター目の下 380,000円

2019年10月1日以降に実施される施術等の料金

グロースファクター(目の下) 144,000円
グロースファクター(目の下+頬) 330,000円
経結膜脱脂手術 + グロースファクター目の下 398,000円

※どの治療が向いているか事前にお知りになりたい方は、メールカウンセリング(無料)をご利用下さい。


Q&A

目の下にシミもあるようですが、治療できますか?
目の下にシミがある方は、色素で影が強調されることがあります。経結膜脱脂+グロースファクターの治療やグロースファクターのみによる治療で目の下の凹凸感が改善されてもその後に残ったくすみ・シミが気になることがあります。当院では、各種レーザー、光治療(フォトフェイシャル)以外にも「メラフェード」という自宅で使用できるお薬もご紹介できます。これはご自宅で洗顔後に塗るだけのとても簡単な治療で、日光によるシミや肝斑にも有効です。主成分はトレチノインとハイドロキノンです。メラフェードは約2~3カ月使うとかなりはっきりとした効果が出る印象があります。メラフェードは手術を受けた方以外にも処方できます。
目に影響はありませんか?
手術では眼球に操作が入ることはありません。目を閉じて下まぶたを下げた状態で手術を行います。触るのは下まぶたの裏側のみです。
手術時間はどれくらいですか?
両目で40~60分前後です。脂肪の粒が細かく分かれているかにより多少時間が異なります。
術後シワが出ますか?
膨らんでいる風船がしぼむ時のように、膨らんでいる脂肪を取ると術後微妙な小ジワが出る可能性がありますが、たいていの場合は意外と目立ちません。それは皮膚に弾力があればきゅっと縮まってある程度良くなるためです。あとグロースファクターで皮膚のハリが出ることでシワが伸びる効果もあり、実際にはそれほど目立ちません。しかし脂肪が特に多い方、日焼けなどで皮膚の弾力がない方はシワが比較的出やすいかもしれません。
経結膜脱脂後の痛みはありますか?
「経結膜脱脂の手術は痛くないのですか?」というご質問をよく頂きます。
結論から言うと、72%の方が無痛だったとおっしゃっています。残りの28%の方は、術中に1回でも多少の痛みを感じたことがあるものの、我慢できる範囲でした。
痛みがあった場合は、すぐにおっしゃっていただいて、局所麻酔をすぐ追加して対処しています。
基本的には術中の痛みはほとんどありません。「歯の治療より楽」と皆さんおっしゃいます。
脱脂の際の麻酔は、まず目薬の麻酔をします。これは、まぶたの裏側にポタポタと垂らすだけです。これだけでもある程度表面に麻酔が効きます。目薬の麻酔を30秒以上して十分に効かせてから麻酔の注射をします。 注射もまぶたの裏側にします。麻酔の注射は非常に細い針なので、グッと押される感じだけであまり痛くないと思います。
もし痛みに弱い方や特に心配な方は、事前におっしゃっていただければ、目薬の量や効かせる時間を長めにすることも可能です。手術中は押されたり引っ張られたりするような感覚だけはありますが、痛みはほとんどないと思います。
ただ、脂肪が「動く脂肪」がどうか確認するため、軽く引っ張られるような感覚だけは残ります。
結膜を切開する時には痛みはありません。ほんのちょっとでもピリッとすることがあれば、おっしゃっていただければ、手を止めて、麻酔を追加したりして対処いたします。なお、術後は1日~1週間程度違和感があるくらいですので、痛み止めは出しておりません。
まれに、目をぎゅっと強くぶった時に軽い痛みが1週間ほどある場合があります。
経結膜脱脂のみでグロースファクターをしない場合はどうなりますか?
グロースファクター注射を行わない場合、くぼみが元々ある方だと、くぼんだ印象が残ってしまいます。そのため「ふくらみ+くぼみ」がある方は、経結膜脱脂+グロースファクターを同時にすることをお勧めしています。当院では9割以上の方が両方同時に行っています。もちろん経結膜脱脂のみでも承りますが、もしあとで「やっぱり追加してほしい」となられた場合、手術による腫れで本来のくぼみが分からなくなるため、数か月待ってからグロースファクターの注射を行います。
グロースファクターは繰り返し入れる必要がありますか?
グロースファクターはヒアルロン酸を入れるのと違い、持続性がありますので繰り返し入れる必要もありません。数年程度では減ってくることもありません。数%の方のみが後日追加されていますがほとんどがごくわずかな微調整程度です。
グロースファクターはしこりになったり、増えすぎてしまったりすることはないですか?
ヒアルロン酸注射や脂肪注入と違って液体成分なのででこぼこすることはありません。また脂肪注入は特に目元は腫れが必発で、なおかつ固体であるためある程度太い針が必要ですが、グロースファクターは体に負担の少ない液体であるため、これらのデメリットはより少なくなっています。細い針なのであまり痛くありません。また経験上、増えすぎて盛り上がってしまったことはこれまでありません。
術後安静期間はどれくらい必要ですか?
内出血は最初の24時間で出やすいので、その間は力を入れたりしないように過ごして下さい。一般的な運動などの活動は1週間してから可能です。
目の下の筋肉や骨に左右差がある場合でも大丈夫ですか?
たいていの人は目の下の脂肪の量、骨の形、筋肉は微妙な左右差が多少はあることが多いです。それらをきちんと見極めた上で適切な量の脱脂を行い、その上でグロースファクターの注射で目の下のくぼみ・溝もきれいにします。
目の下のうっ血による青クマは治りませんか?
目の下の飛び出した脂肪を取ることで術後は眼輪筋のうっ血した色味もある程度改善されることが多いです。またグロースファクターで皮膚が厚くなることで透けて見えづらくなります。
術後脂肪がまた数年で脂肪が出てくることはありますか?
出ることはありません。ただし10年単位では加齢による皮膚の変化はありえます。
目の下の脱脂を行った後、脂肪を取りすぎてくぼみが残ることはありませんか?
こういった可能性はさまざまな工夫をすることで最小限に抑えられます。脂肪を取る際に座った状態で確認しながら丁寧に取っていることと、目の下のくぼみにグロースファクターを注射することでへこみをスムーズに改善しているからです。
脂肪注入は出来ますか?
目の下の溝・くぼみに対して、以前は当院でも脂肪注入を行っていましたが、腫れが強く、しこりが残ることがあるため、グロースファクターの注射に切り替えました。グロースファクターは液体であるため、しこりにならず、脂肪のような「固体」ではないため、腫れも最小限ですみます。それは、脂肪は固体であるため粒が大きく太めの針を刺さないといけないのに対して、グロースファクターは液体であるため、細い針で注入できるというメリットも関係しています。
他院で脱脂をした後へこみが残りましたが直してもらえますか?
当院には、目の下のたるみ・クマの治療を他院で一度受けられた方の修正で来られる方も数多くいらっしゃいます。
「もう少し脂肪を取りたい・・・」
「ここのへこみを直してほしい・・・」
そういった方の修正も行っておりますので、ご相談下さい。
詳細はこちらをご覧ください。
【よくあるご質問】他院で目の下の「経結膜脱脂のみ」をして脂肪を取られ過ぎた場合、修正できますか?
目の下のたるみ・クマを予防するにはどうしたらよいでしょうか?
他のクリニックのホームページにはあまり書いていませんが、実はこういった目の下のたるみなどの加齢現象が起こる理由は「ある食事の摂り方」にも関係しています。当院ではそういった「加齢を防ぐ方法」などについても無料でアドバイスいたします。予防医学は大事です。
目の下の脱脂を行った後、脂肪を取りすぎてくぼみが残ることはありませんか?
これは当院では基本的にそういったことはまずありません。それは、脂肪を取る際に座った状態で確認しながら丁寧に取っていることと、元々あったくぼみにグロースファクターを注射することで全体的な目の下のくぼみを改善しているからです。脂肪によるふくらみがある方は大半の方が目の下のくぼみがよく見るとあります。そこを改善しないと、脂肪を取って膨らんでいたところがよくなっても、くぼんだ印象が残ります。そのため、くぼみ治療までやって初めてきれいな仕上がりになると考えています。
私の目の下のたるみ・クマは良くなりますか?
人によって症状が違いますので、拝見してみないと何とも言えません。ご希望があればページ最上段の「お問合わせ」からメールカウンセリングを無料でいたします。お写真を添付して、ご質問などをお書き下さい。
手術せずに目の下のたるみ・クマを治療できますか?
脂肪がそれほどない場合はグロースファクターのみで改善可能な場合があります。「手術しない目の下のたるみ・クマ治療」が適応可能かどうかは、一度お写真を添付して「お問い合わせ」から送って頂ければ無料で診断いたします。
手術しない目の下のクマ治療の症例写真はこちらです。>>
グロースファクターの注射のみの場合、痛みはありますか?
グロースファクターは、麻酔クリームを塗り、冷やしながら行いますが、ほとんど痛くなかったという感想の方が大半だと思います。
もちろん、人によっては痛みに敏感など個人差がありますので一概には言えませんが、グロースファクターは痛くないように様々な工夫をしております。
お薬自体にも痛くないように工夫をしていますし、痛み止めのボール(痛いときに握っていただくと痛みが和らぐものです)というのもありますので、チクチクする感じは多少あっても実際痛みはほとんどないと思います。
実際にグロースファクターをされて、痛みで涙を流される方はほとんどいらっしゃいません。
もしどうしても痛みがご不安でしたら冷やす時間を長くするなどいたしますので、ご希望があればご遠慮なくおっしゃってください。

来院予約

お問い合わせ

(お電話は診療日の10~12時、13~18時にお願いします)

診療時間10:00~19:00

その他のよくあるご質問はこちら>

診療の流れ

※カウンセリング当日にグロースファクターの施術をご希望の方は、事前にメール相談にて治療の適否を判断させていただいております。また、カウンセリング当日に脱脂+グロースファクターも承ることが可能ですが、事前のメール相談と予約金が必要となります。

当院での目の下のたるみ・クマ手術の統計(2011~2013年)

当院は「目の下のたるみ・クマ治療の専門クリニック」として、これまでおかげさまで全国から患者様が来られています。


年齢で見ると、
 20代 18%
 30代 35%
 40代 33%
 50代 12%
 60代 3%
 70代 1%


と30、40代の方が全体の約7割を占めています。20代の方は約18%、50代の方は約12%です。


全体の男女比は男性17% 女性83%でした。


 

当院の来院患者様の都道府県別の統計を調べてみました(2011年~2013年)

東京23区 42%
東京都(23区外) 9%
神奈川県 22%
千葉県 5%
埼玉県 7%
北海道 1%
東北 2%
北陸 1%
関西 2%
中部 2%
北関東 2%
中国 1%
四国 1%
九州 2%
海外 1%

東京都(23区、23区外含めて)が約1/2、首都圏が約2/3を占めています。

クリニック概要

世田谷区二子玉川の美容皮膚科 美容外科

二子玉川美容外科クリニック

〒158-0094
東京都世田谷区玉川 3丁目6-5 M.R.E.ビル3F

二子玉川駅 徒歩1分

二子玉川駅の改札を出て左に曲がります。
道路を挟んでパチンコ屋「GOLD」と「川渕不動産」が見えると思います。
その間の道を進んで最初の十字路の左手の角の小さなビルの隣のガラスが大きい3階建てのビルの3階です。

TEL. 0120-735-538(フリーダイヤル) 
TEL. 03-5491-5588(直通)

(お電話は診療日の10~12時、13~18時にお願いします)

■ カード 可

診療時間:10:00 - 19:00
休診:日曜日
その他は不定期休診(下のカレンダーでご確認下さい)
当院は完全予約制のプライベートクリニックです。お一人お一人を丁寧に診療いたしますので一日の枠には限りがあります。ご予約はお早めにお問い合わせください。


診療カレンダー